記事

カテゴリーアーカイブ

2022.09.26

9月度役員会議事録

 

Ⅰ.日時:令和4925日(日) 1930分~2030

Ⅱ.場所:松が丘片山会館

Ⅲ.議事・議題並びに討議内容:

山田町会長が議長となり、各担当役員より下記提案議題に付、説明並びに意見交換を行った。

 

1.会長挨拶

ようやく秋らしい気候になり、新型コロナ禍の第7波もピークを過ぎ、落ち着いてきましたが、冬に向かって予断許さない状況です。ただ町会の目的の一つが会員相互の親睦を図ることなので、コロナワクチン接種も4回目を終えた人も増えたことより、3密に注意しながら10月は町会研修旅行、11月には中野区町連主催の初期消火器操法大会への参加、恒例の落語会の開催等、コロナ禍前のペースで町会行事を進めて行きたいと考えている由。

2.町連江古田地区役員会・区民活動センター運営委員会の報告

・令和4年度赤い羽根共同募金の実施について

実施期間:令和4年101日(土)~31日(月)

江古田分団としては例年通り各町会7万円を募金する。

・「第9回中野区検定」について        掲示 

日 時:令和4年1127日(日)

会 場:中野区産業振興センター(中野区中野2-13-14

検定料:一般1,500円(高校生以上1,000円 小・中学生500円)

申 込:103日(月)~1115日(火)先着順受付(定員60名)

※申込みの詳細は中野区教育振興会のHPから(https://nakanoku-eps.or.jp/

・公衆電話の使い方及び災害用伝言ダイヤル体験会について

公衆電話は災害時の安否確認方法として効力を発揮する一方、若い世代には「触ったことも使ったこともない機械」で、いざと言う時に使えない人が多くなっている。そこで、公益財団法人日本公衆電話会では、実機を使って「災害用伝言ダイヤル171」による録音/再生の仕組みを理解してもらう無料体験会を提案している。当町会としても防災訓練等での活用を検討する事とした。

・「2022なかの東北応援まつり」の開催について        回覧 

開催日時:1029日(土)10時~20時、30日(日)10時~17

開催会場:サンプラザ前広場、北口バスロータリー、区役所、四季の森公園

・「介護に関する入門的研修」について            掲示&回覧 

介護に興味のある人を対象に介護に関する基礎知識や認知症の理解などについて研修を行い、最終日にはお仕事相談会を実施する。受講料無料、定員30名。

研修期間:121(木)・5(月)・7(水)・13(火)概ね9301600

【研修会場】桃園区民活動センター 【主催】中野区介護・高齢者支援課

【問合せ】㈱ツクイスタッフ(中野区委託事業者)so-info@tsukui-staff.net

【申込】10/2111/20  03-4563-0893(自動音声応答による受付)

・アウトリーチチームの取り組み事例報告

今月は4件の事例報告があり、いずれも松が丘地域で発生したものでした。そのうちの1件をご紹介します。

【事例】対象者:松が丘2丁目在住、70歳代

他県に住む親族から「23日連絡が取れない」と言う連絡が区役所に入り、アウトリーチチームが訪問した。呼び鈴を押しても応答がないのでマンション管理人に聞き取りをすると共に親族に連絡を取り、親族の希望で警察に通報。救急隊も到着し、施錠されていなかったベランダより入室したところ、亡くなっている対象者を発見した。

◆「郵便ポストがあふれている」「洗濯物が数日干しっぱなしになっている」「宅配物が数日取り込まれていない」などに気がついたらアウトリーチチームに連絡してください。無駄足になっても構いません。(電話:03-3954-6961

・江古田区民活動センター今後の予定

①江古田地区まつり 1015日(土)16日(日)

②江古田地域ニュース10月号(925日発行予定)

③「江古田の獅子舞」フェス 9月下旬から10月中旬

※開催内容については区の掲示板等をご覧ください。

3.中野Loversウォークに合わせた町会ハロウィン行事  

中野区Loversウォーク:101日~1031日(主催:中野区町会連合会)

松が丘片山町会コラボイベント:102日(日)10001100

2丁目に設置の掲示板5カ所を巡りキーワードを集める。先着200名にお菓子をプレゼント。ハロウィンの仮装で盛り上げる予定。

 

4.新井薬師前駅北側地区まちづくり検討組織設立の件       

西武新宿線地下化に伴う再開発について、新井薬師駅南側は検討会が進行中である。北側については今秋から検討組織を立ち上げたい意向。上高田北町会の住居地中心に哲学堂通りの見直しが検討されることになる。当町会の関与は少ないが、委員選出の要請があったので山田会長、興梠(敬)副会長が対応予定。

5.子ども会行事報告                 

①ラジオ体操:721日~27日 ※最終日は70名近い方が参加された。

②親子工作:821日(日)提灯の制作、カレーグランプリの参加要領と材料

の配布及び野方警察署員による交通安全講話を実施。

親子工作には7家庭13名が参加。カレー材料は14家庭に配付した。

③子ども神輿&提灯まつりイベント:1113日(日)開催をめどに企画進行中。

6.敬老の日 傘寿のお祝い品手渡し報告について        

対象:(満80歳)昭和16916~昭和17915日生の皆さん

申し出のあった9名(昨年13名)の方に町会長が訪問しお祝いの肩掛けを差し上げた。尚、該当者でまだ申し出のない方、過去申し出を忘れた方は山田町会長(℡0333862956)まで連絡をいただきたい。

7.資源回収協力に伴う収支報告                

2022年上半期の報奨金は455,160円(前年同期471,900円、前年同期比96.3%)9月中旬に入金された。7月~8月は25,590㎏で前年同期比122%と増えており、年間では昨年並みの収益が期待される

8.秋の交通安全運動テント活動中止などについて        

秋の交通安全運動:921()30()

※片山橋下にテントを張っての活動は中止。

9.広報紙「なかの まつがおか 第48号」発刊配布の件  

編集が終了し印刷入稿中。10月中旬頃配布予定。

10.町会日帰り研修旅行について           

日時:1015日(土)

内容:リニア見学センター&ワイン作り体験&忍野八海観光In山梨

※申し込みは締め切りました。

11.令和4年度第40回初期消火器操法大会開催の件       

【日時】113日(木・祭日)【会場】江古田の森【主催】中野区町会連合会

当町会からはバケツリレー7名、スタンドパイプ操法3名の他、会場設営等準備役員として受付1名を選出する。

12.落語会開催の件                   文化部、総務部

【日時】11月6日(日)【会場】松が丘片山会館

【出演】円楽党 三遊亭楽八さん(二つ目)、ミスターゴールド(手品)

※マスク着用、手指消毒、換気などに十分注意して開催。

13.防災資機材点検と消火器点検について            

日時:1113日(日)9時から

内容:防災資材倉庫並びに町内に80ケ所弱ある消火器の点検

14.その他

・野方警察署管内の特殊詐欺とアポ電話の状況

今年になって町内に約15件のアポ電が掛かって来ている。くれぐれもご注意を。

・悪質な工事業者に注意の件        回覧&掲示 

最近飛び込み業者による不必要な工事や高額な工事契約をさせられる被害が増えている。東京土建が本件の広報と合わせて被害を未然に防ぐためのステッカーを作成したので掲示して周知する。ステッカーは町会に50枚程度頂けたので希望者に配付する。

・西武新宿線地下化に伴う中野通り下水道工事について

西武線の地下化に伴い、中野通り地下の下水管をさらに深く埋設する工事が始まる。工期は202211月から20253月までの予定。令和小~清掃事務所辺りまでの中野通りで交通規制が行われる予定。町会としては令和小に通う児童の安全・安心を最優先として対応するよう業者に求めた。

 

*次回役員会 1025日(火)1930分~ 松が丘片山会館

 

以上

文責  興梠 敬二

2021.06.26

片山町会役員会議事録(令和3年6月25日分)

 

Ⅰ、日時 令和3年6月25日(金) 19時30分~20時30分

Ⅱ、場所 片山会館

Ⅲ、議事・議題並びに討議内容

  山田町会長より、下記提案議題に付、説明並びに意見交換がなされた。

1、       会長挨拶

ようやく新型コロナウイルスワクチン接種が高齢者からはじまったが、東京都の感染者は緊急事態宣言解除後も、期待したほど減少せず先行き不透明な状況が続いている。町会ではそうした環境の中でも密に注意して防災訓練等行事を開催すると共に、地区部長さん、班長さんの協力を得て、町会費、日赤活動募金を集金頂いたことに感謝申し上げる由。

2、      町会長からの連絡事項(江古田地区町会長会議等の報告)

・住宅用火災警報器の共同購入について

東京都条例により平成23年4月1日から戸建ての家屋についても各部屋等に火災警報器の設置が義務化され、10年経過した。野方消防署江古田出張所の込江所長より、住宅用火災警報器の交換の目安は10年であることから、町内の安全安心とためにも、町会で町会員の分を取りまとめて共同購入していただけると有難い由。共同購入で数量が纏まるとある町会の例では3,000円前後の商品が2,350円になった由。又これらは10年保証の電池付きで、通常電池交換だけでも1,300円前後掛かり、機器の交換時期もむかえている事から交換を推奨する由。※本件、役員会で検討した結果、町会としての共同購入を前向きに検討を進めるとの了解を得られたので、近日中に購入代金を確定し、回覧で購入希望者を募る予定。

・中野区新型コロナウイルスワクチン接種予定について(令和367日現在)

現在75歳以上38,966人、65歳から74歳までの31,526人の接種予約受付中で16歳から64歳の方で基礎疾患者は615日、保育士等は622日、その他一般は628日から予約を受け付ける由。ワクチン供給量は531日までに98箱受領済み、628日までの供給確定量が72箱あり、合計195,975回分(約10万人分)、因みに65歳以上の高齢者は約70千人居られる由。また区民活動センターでも予約を開始しているので、対象者は早めにお近くの区民活動センターに申込んでワクチン接種日を確定させてほしい由。また75歳以上の高齢者で接種会場に同行希望をされる方はアウトリーチチーム、民生児童委員、町会役員等に申し出てほしい由。

・東京2020オリンピック競技大会聖火リレー実施に伴う交通規制について

中野区では標記聖火リレーを予定通り717日(土)1355分から1620分にかけて、中野四季の森公園→杉山公園交差点左折→青梅街道→中野坂上交差点左折→山手通り→東中野2丁目まで実施する由。この間、周辺道路の交通規制を実施するので承知願いたい由。

・中野区基本計画及び中野区区有施設整備計画(両改訂素案)の区民意見の募集について

中野区では基本構想を実現するため区が取り組む基本的な方向性を示す、2025年度までの5年間の取組、併せて区有施設の再編、整備、利活用等の計画及び施設の更新・保全の2030年度までの10年計画を纏めたので、町会、自治会等の団体からの意見募集を422日(木)まで実施した結果の改訂素案を策定した由。因みに基本計画で提案した内容に対し、〇基本計画とSDGs(持続可能な開発目標)の関連性を追記○「地域包括ケア体制の実現」における地域医療の位置づけについて追記○「遊び心あふれる文化芸術」の趣旨について追記○生物多様性の保全について追記○区民や議会からの意見を踏まえた追記を行った由。また区有施設の再編、整備、利活用の10年計画に於いては、○教育センター・保健所等の再編に付修正○新たな機能を備えた児童館・中高生向けの設備について修正を実施した由。この改正素案につき610日(木)から72日(金)まで区民の意見募集を実施することに加え、627日(日)沼袋区民活動センター)、29日(火)南中野区民活動センター、30日(水)中野区役所にて意見交換会を開催するので、参加希望者はスケジュール詳細を確認し、事前申し込みをしてほしい由。今後は7月に案を作成、10月に策定する由。     

・令和3年度 赤十字奉仕団員及び赤十字奉仕団の登録について

本件は従来4年毎に登録更新がなされてきたが、昨年より毎年更新して欲しい旨連絡があり、令和361日(火)を基準日とした奉仕団員名簿を71日(木)までに区民活動センターに提出して欲しい由。当町会で従来通り、現在の地区部長、副部長を含めた町会役員、民生児童委員等の皆さんを登録させて頂く由。         

・江古田区民活動センター運営委員会の今年度当面の主要行事の予定

   4月以降も童謡講習会以外の健康体操、ボッチャ教室等実施。

   地域ニュースも4月号、6月号を予定通り発刊、今後も隔月で発刊する。

   江古田の七夕 7月4日(日)に開催。

   平和のバトン 7月中旬ロビー内展示やブックリストの作成、読書ゆうびんを実施。

    10月度江古田地区まつりの開催

江古田氷川神社の秋の例大祭が本年度も中止の方向であることより、演芸大会、ダンスパーテイは中止、子供祭り、作品展、ゲートボール大会は実施の方向の由。

3、      令和3年度第1回中野区地域防災住民組織「防災会」連絡会報告  町会長

昨年同様、6月の標記会議は、町会長宅への書面配布に代替えとなった。中野区からは地域防災住民組織活動助成金申請の手引きが配布され、手引きに従い申請内容を精査して令和4年2月25日(金)までに区民活動センターに提出して欲しい由。因みに松が丘片山町会への助成金限度額は対象世帯数2,912世帯(昨年2,932世帯)で、限度額80,000円(昨年も同額)の由。昨年度は10月に防災会特別号として広報紙を町内全戸に配布して申請したが、本年度は密に注意して、防災訓練を66日に実施できた由。中野区防災リーダー事業について、中野区では5年前より「防災リーダー養成講座」を開講し、平時は防災訓練の企画や指導、災害時は防災会役員を支える実務的な役割を担う人材を育成し「防災士」の資格を与えており、現在区内に197名の方が居られる由。本年も717日(土)、828日(土)、124日(土)、115日(土)、219日(土)の5回の防災リーダー養成講座を開催するので受講案内を読まれ参加申込書を提出願いたい由。その他として、防災会交付資機材の更新としてリヤカー、車椅子と防災資材倉庫の一部を更新。・蓄電池の配備。「中野区防災・気象情報Webサイト」をリニュアルした由。提供可能な備蓄食料物資について問い合わせして欲しい由(本件、町会ではショート・ブレッドを予約済み)。住宅用火災報知器・関電ブレーカーの交換・設置に付進めてほしい由。2回防災会連絡会議は令和4年2月4日(金)19時~、2月5日(土)10時~区役所78910会議室で開催する予定の由。

4、       中野区保護司会主催「社会を明るくする運動」PRキャンペーンの件  町会長

中野区保護司会総会が519日開催され、新たに眞壁恵龍氏が会長に就任された由。法務省主唱による第71回「社会を明るくする運動」として、本年度は71日午前10時より中野サンプラザ広場まえにてPRキャンペーンを開催する他、啓発ポスターの中野駅ガード下ギャラリへの展示、作文コンクールを実施する由。

5、      資源回収に伴う橙色の表示旗の取扱い注意について  町会長

中野区ごみゼロ推進担当より、電柱に掲げた長めの表示旗の下を止めて無かった為風にあおられ車を傷つけた例が発生したので、地区内の関係者に注意喚起をお願いしたい由。

6、      春の消火器点検結果について  町会長

非常事態宣言中であるが、外での作業であることより、例年通り春の消火器点検を5月30日に実施した。役員等13名が集合し、3班に分かれ1時間強で81ヶ所を点検した。中野区の封印があるのに消火器の無い箱が1ヶ所、消火器の箱の破損が1か所、箱が植木で見にくい所が1ヶ所あり、中野区に連絡した。尚、皆様の近辺に新たに設置要望があれば、中野区も前向きに対応するので、山田町会長まで連絡願いたい由。

7、      防災訓練「街頭消火器ウオークラリー&防災クイズ」について  興梠与利子副会長

6月6日(日)小雨の中、予定通り10時よりコロナ感染防止対策を実施した上で会館前にて参加カードを配布しての「街頭消火器ウオークラリー」を実施した。途中、交通安全の為、第3消防団の協力を得て、9ヶ所の消火器に記載された文字を繋げた回答文を持って北野神社境内に戻り、防災倉庫に保管されている資機材、消火器、軽可搬消火ポンプの確認、避難所における最新の布間仕切りによるスペースの説明を中野区地域防災職員より受けた。野方消防署江古田出張所の職員が準備した消火器の放水訓練を行い、最後に防災クイズコーナで役員が提示するクイズに回答。会館縁台で抽選に参加して賞品並びに防災ハンドブック等参加賞を受け取る防災に役立つ防災訓練を実施し、お子様連れのご家族を中心に役員等合わせ約75名の参加者で開催できた由。

8、      北野神社境内の清掃中止について  町会長

例年子ども会の夏休みの行事、盆踊り大会を前に松が丘北野神社境内の清掃を7月上旬に実施してきたが、本年も新型コロナ感染防止の為多くの行事が中止せざるを得ない事。また役員、並びに長寿会の有志の方が日ごろから、清掃に努めて下さって、非常に境内が綺麗になっていることより、本年も中止にする由。

9、      子ども会行事・こども神輿賛助金募集について  梅原子ども会会長

新型コロナの影響を受け、小学校の夏休みのスケジュールを注視した上で、ラジオ体操は昨年同様リモートにより開催、子ども工作は材料を渡しての「ゴム印」制作、カレー大会は自宅で自慢のカレーを作りレシピを提出してもらい美味しさを競う等今後子ども会役員で内容を詰めて7月上旬に決定し広報する由。また子ども神輿の賛助金募集について執行部で意見交換した結果の内容を精査し、コロナ禍が一段落する10月に町会員にお願いできるよう準備を進めることにした由。

10、  恒例の盆踊り大会中止について  町会長

江古田地区の盆踊りは例年7月中旬の旭公民館、江原町会、江古田1丁目町会、8月上旬の松が丘片山町会の順番で開催してきたが、昨年に引き続き本年度も新型コロナ感染防止の為いずれの大会も中止が決定したので承知願いたい由。

11、  秋の町会日帰り研修・親睦旅行(今年度中止の件)  企画幹事(興梠与利子)

本件、5月の役員会で検討した結果、新型コロナの第5波の心配、バス活用も定員を従来の半分の24名程度にする必要があることより、本年度も昨年に引き続き見送りの意見が多数を占めたことより、中止することを決定した由。

12、   町会広報紙「まつがおか46号」発刊の件  杉山広報部長

新年度の町会役員の紹介、消火器点検、防災訓練等報告事項に、夏休み中の子ども会行事の様子を加えて、9月25日発刊で準備を進めている由

13、  その他について

・青パト講習会開催結果の報告  興梠敬二副会長

今回野方警察署と野方防犯協会にお願いして、標記の講習会を611日(金)15時から松が丘片山会館で開催して頂き5名の方が参加された由。講習が終了した5名の方は青パトに乗車、運転できることより、町会の運転許可証所持者は8名となる。昨秋より始めた毎月第2、第4木曜日の青パトに乗車いただき、町内を巡回、防犯に合わせ振込詐欺等の注意喚起を進めていただくと共に、メンバーが増えたので巡回日時を増やすことを検討していく由。

・松が丘1丁目22番地横の通路を覆う木の伐採の件  興梠与利子副会長

長年、通路に隣接するお宅の樹木が大きくなり、昼でも暗く、一方通行の標識も見にくい状態であったことより、野方警察署に連絡し、所有者の方と調整でき、6月上旬に伐採していただくことが出来た由。

 

* 今後の予定  7月役員会    725日(日) 1930分  片山会館

以上

松が丘片山町会会長   山田 晃(記)

2021.05.26

片山町会役員会議事録(令和3年5月25日分)

 

Ⅰ、日時 令和3年5月25日(火) 19時30分~20時50分

Ⅱ、場所 片山会館

Ⅲ、議事・議題並びに討議内容

  山田町会長より、下記提案議題に付、説明並びに意見交換がなされた。

1、 町会長挨拶

緊急事態宣言中ですが、町会としては感染対策に十分配慮して、会合、行事を進めていきますので、ご理解ください。尚、回覧でお願いした町会費の集金、日赤活動募金の取扱いにつきましては、625日の役員会での集約を期待していますので、ご質問等ありましたら本日皆さんとの意見交換の時間を設けている由。

2、      町会長からの連絡事項(江古田地区町会長会議等の報告)

・中野区新型コロナワクチン接種実施計画概要について

中野区の接種対象者は医療従事者10,200人、75歳以上39,000人、65歳~7433,000人。16歳~64225,800人は合計308,000人居られ、他に15歳未満(対象外)32,000人の合計340,000人の住民が中野区に居られる由。 ワクチンの供給量は現段階で受領済みと確定を含めて98111,735回分、626日までの供給予定量が42箱+アルフアー49,140回分の合計160,875回分+アルフアーの約80,000人分の為、ほぼ65歳以上の方への接種が可能の由。 16歳~64歳の基礎疾患のある方は615日接種開始16歳~64歳の一般の方は628日接種開始の計画でワクチン確保を図り、9月末までには接種希望者への対応を済ませる由。 江古田区民活動センターでの接種は521日予約開始で実施日は614日~18日、75日~9日。615日予約開始で726日~30日の由。

・住宅用火災警報器の共同購入について

中野・野方消防署より、住宅用火災警報器の点検は年2回、交換の目安は10年で、設置義務が施行され、10年以上になることより、今回、町会・自治会で町会員から機器購入の申し込みを受け、共同購入していただけると有難い由。本件、相談並びに依頼を消防署と打合せして欲しい由。

・「平和のつどい2021」の開催と周知のお願いについて

本年度は標記の活動として、74日(日)なかのZERO小ホールにて1230分開場で135分から 上映会「アフガニスタン用水路が運ぶ恵みと平和」、1425分から講演「アフガニスタンに命の水をー中村哲医師・PMSと共に」村上優氏を開催するので、希望者は中野区企画課『℡ 0332288229』に申込んで欲しい由。

・令和3年度地域における飼い主のいない猫対策支援事業について

支援事業をはじめて8年目になる。昨年は丸山町会はじめ8町会に605千円支給し34匹に手術を実施した由。本年も昨年同様100万円の予算を計上し,一団体20万円を上限として助成する。事業説明会は開催せず、希望団体には個別に説明するので69日(水)までに中野区保健所担当まで連絡して欲しい由。尚、助成金の申請期限は7月9日(金)の由。

・令和3年度町会・自治会公益活動推進助成制度について

申請資料一式を区民活動センター経由で届けてあるので、対応よろしくとのこと。

尚、締切日は623日(水)なので厳守して欲しい由。尚、本年度も、1世帯当たりの助成金は180円、当町会の範囲にお住いの世帯は2,994世帯ということで、助成金の総額は538900円になる由。また他に加入促進助成として促進活動に要した額の2/3で最大50,000円の助成がある由。申請要領は「中野区町会・自治会公益活動推進助成制度;助成金申請の手引き」に記載したので活用願いたい由。尚、本件に関して「町会、自治会に関するアンケートの実施」をお願いしたので、対応願いたい由。

令和3年度町会・自治会掲示板設置等助成金制度について

申請にあたり助成金の上限20万円(新設、建替、移設、撤去、修繕に要する経費)、但し当該年度の予算の範囲内(8百万円)で調整実施していく由。尚、助成金の支給は設置等終了後の確定払いの由。助成金交付申請は61日(火)~30日(水)まで、必要提出書類を揃えて区役所58番窓口の地域自治推進係に提出して欲しい由。

尚、本件は5年間に2回申請可能な助成制度であり、当町会は1昨年に活用しているので、あと1回申請できるが、令和3年度は上記公益活動推進助成金を掲示板の新設、修理の費用で申請するため見送る由。

・アウトリーチチームの取組状況について(報告)

濃沼江古田区民活動センターアウトリーチ推進係長より、最近の対応事例として、民生委員からの通報で駐車している車で両足が出ている50歳代の不審な男性が居られる旨、アウトリーチチームに連絡があり、面接した結果自宅内はゴミがたまり、車中で寝泊まりしており、体調不良とのことで結果病気も判明した由。アウトリーチチームとしては今後も見守って行く由。ご近所で不審な方を見かけたらアウトリーチチームに連絡願いたい由。

・江古田区民活動センター運営委員会役員会報告

定期総会625()午前10時より区民活動センターで開催。

江古田地区まつり日程(予定) 江古田獅子舞102~3日、ダンスパーテイ9()子供祭り等16()、芸能祭等17()、ゲートボール大会21()で予定したが、新型コロナ感染状況により中野区の指導で集会室使用が不可になれば開催は難しい由。又、江古田獅子舞の氷川神社例大祭の開催可否については612日の地区の打ち合わせで決定される由。

3、中野区町会・自治会公益活動推進助成金申請の件  町会長

本件、一昨年までは夏の盆踊りに要する、櫓、電気系統等の会場準備費用の支出で申請してきたが、昨年、コロナ禍感染防止で中止になった為、古い掲示板等の新設建替え、掲示板のみ取替え等で申請した。本年も盆踊りの開催が難しいと思われること。一方、新型コロナ禍で住民への広報手段として掲示板の活用が一層必要になると判断し、昨年同様残された掲示板の新設建替え、修理等で申請したいと考えるので、執行部に一任願いたい旨提案、承認された由。

4、2021年度防犯パトロール団体保険料助成金交付申請の件  興梠副会長

中野区では防犯パトロール活動の為、保険に加入している団体に保険料の助成を行っている。松が丘片山町会では2021年度もスポーツ安全保険に新たに役員、地区部長、副部長になられた方を含めて4月に加入した由。保険対象者は109名、保険料は87,560円であり、中野区に助成上限(一人当たり360円)の39,240円申請を行い、申請通り承認される予定の由。

5、資源回収に伴うお礼のごみ袋全戸配布の件  興梠副会長

新聞、雑誌、段ボール、衣類等の町会が取り扱う資源回収に於いて、前年度約1,000千円の収益があったことより、お礼のごみ袋の配布に付執行部で検討し、本件回収物はこの地区にお住いの皆さんが供出していただいた物なので、シルバー人材センターに依頼して全戸配布することにし、524日~26日に配布完了したので承知願いたい由。

子ども神輿購入、使用確認及び契約の件  梅原子ども会会長

513日(木)町会、氏子関係の責任者と町内頭、こども神輿発注先の宮本卯之助商店の責任者が会館に集まり、神輿の仕様確認、購入金額の確認、納期の確認を実施したのち、山田町会長が契約書2通に捺印、各々各一通を保管した由。

因みに子ども神輿購入費用は前回の役員会、総会でご報告した通り3,368,200円、中野区経由東京都の補助金が2,500,000円出ることより、子ども会の積立金に加え不足分約600千円の賛助金募集を計画しているので、協力願いたい由。

7、松が丘片山町会防災会組織について  町会長

総会での役員改選により、城所副会長、米山副会長が退任され、興梠敬二副会長が新任され、檜山防犯部長、並木防火部長が新たに事業部長に就任されたことに加え、地区部長さんの交代もあることより、2021年度の防災会組織を見直したので、配布組織表を承知願いたい由。

8、防災訓練「街頭消火器ウオークラリー&防災クイズ」について 興梠副会長・杉山広報部長

521日(金)夜、執行部等関係者と中野区役所、野方消防署、第3消防団により事前打合わせを行い、6月6日(日)10時より会館前にて参加カードを配布しての「街頭消火器ウオークラリー」に参加いただき、途中、交通安全の為、第3消防団の協力を得て、9ヶ所の消火器に記載された文字を繋げた回答文を持って北野神社境内に戻り、防災倉庫に保管されている資機材、消火器、軽可搬消火ポンプの確認、避難所における間仕切りの最新スペースの確認後、防災クイズコーナーで役員が提示するクイズに回答していただき、その後、会館縁台で抽選に参加して賞品並びに防災ハンドブック等参加賞を受け取る防災に役立つ行事を行うので、松が丘地区にお住いの多くの皆さんに参加いただきたい由。尚、本行事は雨天中止とするが、新型コロナ感染対策としては、マスク着用、受付での記名、検温、両手消毒してから野外でのウオーキング、神社境内でも密にならぬように役員が指導を行うので、531日以降緊急事態宣言が継続されても、現時点の指導内容であれば実施する旨確認した由。

9、春の消火器点検について  町会長

消火器の点検は春秋2回実施する必要がある。今回は緊急事態宣言中ではあるが、密になる懸念はないことより、春の消火器点検を計画通り530日(日)朝9時から役員中心実施するが、本来は地区部長さんにも参加いただき、近所の消火器がどこに置かれているか、箱の内部はどうなっているか承知して欲しいので、ぜひ参加して欲しい由。また近所に消火器が無く、設置を希望される方は担当役員または町会長宛連絡いただきたい由。

10、その他

・町会会費の西武信用金庫への納入時のお願い

近年、金融庁の指導強化で、金融機関を使っての10万円以上の送金には身分確認に顔写真付きの証明書が必要になり、健康保険証では送金ができなくなった。そのため、「自動車運転免許証、マイナンバーカード、パスポート等」のいずれかが必要の由。地区部長さんには町会費の送金の際お手数をおかけしますが対応よろしくお願いします。尚、対応が難しい場合は興梠副会長、白畑会計、飯畑会計にご相談ください。

・盆踊り、北野神社例大祭、秋の町会日帰り旅行の開催有無について

江古田地区の盆踊りはスタートの旭公民館、並びに江原町町会は本年度の盆踊りの開催を中止した由。従って松が丘片山町会の盆踊りも中止にしたいので承知願いたい由。また、2年に一度開催の北野神社の例大祭は先日実施された祈年祭の際、氏子総代より本年は中止し、来年環境が改善されれば開催したい由。10月中旬に予定している秋の町会日帰り旅行は例年であれば6月にはバス等の予約をする必要があり、現状程度のコロナワクチン接種状況では開催の判断が難しいが、出席の役員の意見を聞かせて頂いた結果、執行部でバス旅行は中止の上別途検討させて頂く由。

・意見交換 新役員も参加して最初の役員会であることより、新執行部並びに出席された地区部長の皆さんの自己紹介を実施した。

出席の地区部長さんは1部東、2部小島、3部師、5部米山、6部櫻井、7部岡本、9部山下、11部檜山副部長(敬称略)。

  * 今後の予定  防災訓練    6月日(日)役員9時、

参加者受付時間:松が丘1丁目在住者 10~10時半

松が丘2丁目在住者 10~11

          6月役員会   6月25日(金) 1930

以上

松が丘片山町会会長   山田 晃(記

2021.04.21

片山町会役員会議事録(2021年4月20日分)

 

Ⅰ、日時 2021年4月20日(火) 19時30分~20時50分

Ⅱ、場所 片山会館

Ⅲ、議事・議題並びに討議内容

  山田町会長並びに担当役員より、下記提案議題に付、説明並びに意見交換がなされ、総会提案議題については役員会の審議を行った

1、    町会長からの連絡事項(江古田地区町会長会議の報告等)

2021年度 北部すこやか福祉センター江古田地区関係の体制について

北部すこやか福祉センター所長 荒井弘巳(新任)、

アウトリーチ推進担当課長 原拓也(新任)、庶務係長 櫻井一浩(継続)

保険福祉包括ケア係長 冨髙陽子(継続)、地域子育て支援担当係長 佐竹靖子(新任)

アウトリーチ推進係長(兼江古田区民活動センター所長) 佐々木 哲也(継続)

江古田区民活動センターアウトリーチ推進担当係長 濃沼 純子(新任)

江古田区民活動センター職員 飯島 夏生(継続)

中野区基本計画(素案)及び中野区区有施設整備計画(素案)の区民意見の募集の件

中野区では基本構想を実現するため区が取り組む基本的な方向性を示す、2025年度までの5年間の取組、併せて区有施設の再編、整備、利活用等の計画及び施設の更新・保全の2030年度までの10年計画を纏めたので、町会、自治会等の団体からの意見募集を422日(木)まで実施する由。因みに基本計画では現在335千人の人口が2035年に351千人をピークとして減少に転じ2070年には313千人程度になる予想をして、①人と人が繋がり新たな活力が生み出される町、②未来ある子供の育ちを地域全体で支える町、③誰もが生涯を通じて安心して自分らしく生きられる町、④安全・安心して住み続けたくなる持続可能な町を目指す由。区有施設の再編、整備、利活用の10年計画に於いて、当町会に関係するテーマは日常生活圏域が現在の4地区から5地区に変更し、新たに北東部地域が新設され、東中野、昭和、上高田、新井区民活動センターが対象になる由。北部地域は江古田、沼袋、野方区民活動センターが対象の由。再編等では北部すこやか福祉センターは沼袋小の跡地へ、第7中学校の改築工事の際は旧上高田小学校を代替校舎として活用する由。

令和3年度赤十字会員増強運動実施のご協力依頼について

日本赤十字社は新型コロナによる未知の病に対し、横浜港クルーズ船への医療従事者の派遣に始まり、当初より日赤病院での患者、感染者の受け入れ、ウイルスがもたらす不安・偏見・差別をなくすための啓発活動等実施してきた由。一方活動資金は前年度と比較して減少が続いていることより、本年度の表記の活動は特定の実施期間は設定しないが協力よろしくとの由。

中野区民生児童委員広報紙「つうしん」によるPRについて

民生児童委員は令和元年121日付で42名、その後令和32月までに13名の方が新たに民生児童委員に委嘱された由。因みに松が丘片山町会関係で野口民生児童委員の定年退職により、欠員が続いていたが、今回、ライオンズM哲学堂公園にお住いの並木淳さんが民生児童委員に委嘱されましたので、ご承知おきください。尚、本年度は621日(予定)までに、コロナ感染防止に注意しながら75歳以上の単身世帯と75歳以上の方のみのお宅に15分程度の訪問面接を行う由。

中野区蓄電システム設置補助金交付事業について

中野区では脱炭素社会の実現を目指し、家庭等において太陽光発電と連携した蓄電システムを導入した場合に補助金を交付する制度を始めた由。補助条件は蓄電システムが新品であり、蓄電池容量が4kw以上であること。太陽光発電と連携するシステムであり令和34月より令和4131日までに設置したもので、補助額は1戸当たり10万円の由。

・新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ

本件「新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ」を中野区報に挿入して各戸配布しているので承知願いたい由。内容は①75歳以上の区民には415日以降接種券を発送、4月21日午前9時から予約受付。423日から中野区医師会館にて接種可能の由。尚、5月中旬から中野区内の146ヶ所の医療機関で接種可能になる由。65歳以上74歳以下の方は5月中旬から接種券発送、届き次第順次予約5月中旬からは中野区医師会館、146ヶ所の医療機関、6月上旬からは新たに15ヶ所の区民活動センター(1日で3ヶ所ずつ巡回開設)で接種できる由。65歳未満の区民は接種券の発送が6月中旬の由。

2021年度中野友愛ホーム奉仕活動について

2020年度の標記の奉仕活動は新型コロナ感染防止の為すべて中止、2021年度も友愛ホームサイドより、赤十字奉仕団に再開要請があるまで中止の由。

2、    令和3年度日赤活動資金募集の対応について  町会長

コロナ禍の中、活動をしている日赤社員を応援していただきたく、昨年同様本年度も期限を設定せず募金をお願いしたい由。当町会では6月末に江古田区民活動センターに募金を届ける計画で進めたい由。従って59日(日)の顔合わせの会に部長さん経由で班長さんに募金袋をお渡しする。班長さんは有志の各戸より集金して623日(水)までに部長宅に届けていただく。地区部長さんは625日(金)の役員会に持参して頂き会計担当に渡してほしい由。

3、    総会議題について(提案)

2020年度活動報告について  興梠副会長

本件添付資料は、3月度の役員会で資料配布された通り、新型コロナ感染防止の為、予定した主要事業が中止されたが、防犯パトロールは6月から再開、10月からは青パト巡回を開始するなど地域の安全、そして清掃活動による美化を実施した。秋には防災特別号の広報誌を全戸に配布した他、落語会も開催し、年明けには全戸に感染予防のため除菌シートを配布した旨、説明がなされた。・・・・本件了承

2020年度決算報告について  白畑会計

本件、内容については3月の役員会で資料配布した内容から3月末までの経費の支出実績を加え、43日に小山監査役、一樹監査役による監査を受け、収支決算書、財産目録及び関係帳簿並びに証拠書類等適正であるとの報告を受けた旨説明があった。因みに前期繰越金2,136,714円、当期収入5,433,364円、当期支出4,688,407円、次期繰越金2,881,671円となった由。尚、特記事項としては多くの主要行事が中止となり、経費の支出が減る中、町会費、資源回収に伴う報奨金等の入金が順調であったことより、4年後に迎える町会発足100周年記念行事等への引き当てを100万円増やすことにした由。・・・・本件了承

2021年度活動計画(案)について  山下副会長

本件添付資料は、3月度の役員会で資料配布したが、新年度も新型コロナ感染状況により行事の開催が不確定ではあるが、予算上は予定通り開催できるものとし、今年度は2年に一度の北野神社例大祭が開催される予定で計画した由。・・・本件了承

2021年度予算(案)について  飯畑会計

本件添付資料は3月の役員会で資料配布された内容に対し、東京都からの感染防止対策の助成金300千円を収入に計上したが、幸い3月中に入金されたのでその分の収入を除外した以外、収入、支出は同内容で計画した由。尚、中野区からの助成金は盆踊り他53万円、加入促進5万円、掲示板の助成20万円、防犯カメラの維持管理費8万円を加え860千円を予定したが、盆踊りの開催が難しい場合は別の企画が必要になる由。資源回収に伴う報奨金は王子斉藤紙業さんとの取引で若干プラスに貢献することより、差し引き100万円の収益で計画した由。以上の結果を踏まえ、収入が6,085千円(前年5,433千円)になり、支出は掲示板補修に500千円を計上し、コロナ禍で感染防止が優先される中、住民の皆さんへの広報として、掲示板の役割がより必要になることに対応することにした由。結果、2021年度の支出予算総額は周年引当100千円、予備費100千円を加え6,770千円(前年実績4,688千円)となり、次期繰越金は2,196千円(前期2,136千円、前々期2,469千円)になる旨説明がなされ、総会で承認を得たい由。

・・・・本件了承

2020年度子ども会収支決算書並びに2021年度予算(案)並びに子ども神輿購入に伴う賛助金募集について  梅原子ども会会長・町会長

本件、添付資料により前年度繰越金351千円を含め収入585千円、活動に伴う支出は新型コロナ感染防止で事業が中止、縮小された為、126千円に留まった為、従来から子ども神輿事業費として引き当ててきた40千円を100千円増やし140千円引き当てた結果支出は266千円で次期繰越金が319千円になり、43日に小山、一樹両監査役の監査を受けた旨説明がなされた。2021年度予算は前年繰越金319千円、収入320千円、支出は子ども神輿事業引当金150千円を加え510千円、次期繰越金129千円で計画した由。尚、この結果、子ども神輿事業積立金残高は2,0223月末では370千円になる見込みである。一方子ども神輿購入費は予備費100千円を加えて3,378,200円が必要になる由。幸い4年越しでお願いしてきた中野区経由東京都の一般コミュニテイ助成金2,500,000円の当町会への助成が内示されたことより、積立金370千円を加えて、不足金は508千円になるので、町会員有志に賛助金のお願いを進めたい旨提案がなされた。・・・・本件了承

4、    2021年度松が丘片山町会新役員体制について(総会提案項目)  町会長

本年は役員改選の年に当たり、町会長、監査役は町会会則8条により選考委員会を325日に開催していただいた。選考委員長の熊澤顧問より、新年度も町会長は再任、監査役は小山監査役は再任、一樹監査役は辞任の意向が示されたので、新たに師敏雄さんを監査役に推薦する旨内示を受けた。又、城所副会長、米山副会長より退任の旨申し出が有ったので、総会に付議する役員人事として、現行副会長に加えて興梠敬二防犯部長を副会長にお願いし、防犯部、防火部、防災部を担当していただくことにし、文化部担当として山下副会長に兼務をお願いすることにした。又防火部、防災部を兼務していただいていた八鍬吉男さんの兼務を解消し、新たに並木淳さんを防火部長に檜山隆さんを防犯部長にお願いすることにした以外は現行体制で総会に報告するので了承願いたい由。・・・・本件了承

5、    2021年度防災訓練について  町会長

新型コロナ禍の感染状況は不透明であるが、本年度は66日(日)に野外を活用して、防災訓練を実施したい。詳細は今後執行部で詰めて、521日(金)に中野区危機管理課、野方消防署江古田出張所の皆さんと会合を持ち、訓練内容を纏め、町会員の皆さんへ広報していくが、地区部長、班長の皆さん方の参加をお願いしたい由。

6、    その他

イ、2021年度「役員顔合わせの会」のお知らせの件

回覧済みであるが、59()に開催するが、会館の収容能力に加え新型コロナ感染防止の為1部~4部を930分から、5部~8部を1100分から9部から11部を1330分から各約1時間の予定で開催する由。

*但し、緊急事態宣言が出た場合は上記会合を中止し、昨年同様、配布資料、日赤募金袋等を部長さん経由で回覧するので、対応願いたい由。

 

今後の予定

 令和3年度総会     4月25日(日)14時00分

 新部長・班長顔合わせ会 5月9日(日) 3部に分けて開催予定

 5月役員会       5月25日(火)19時30分

 防災訓練        6月6日(日) 10時~12時(会館・北野神社境内

 以上

松が丘片山町会 会長 山田 晃(記)

2021.03.26

片山町会役員会議事録(令和3年3月25日分)

Ⅰ、日時 令和3年3月25日(木) 19時30分~20時35分

Ⅱ、場所 片山会館

Ⅲ、議事・議題並びに討議内容

山田町会長並びに担当役員より下記議題に付説明、意見交換がなされた。

1、       町会長挨拶

1月7日に始まった緊急事態宣言の終了が予想されたこともあり、3月は町連常任理事会、地区町会長会議が開催されたので、ようやく新年最初の役員会を開催する事が出来た。

3月は町会にとっても新年度に向けての準備の最終段階に入るので、本日総会にかける議題、新年度の役員、地区部長、班長の案等議論させて頂きたい由。

2、       町会長からの連絡事項(中野区町会連合会常任理事会の報告他)

・「西武新宿線沿線まちづくりニュース回覧のお願い」の件

中野区まちづくり推進部ではまちづくりニュース第14号が発刊できたので、回覧をよろしくとのこと。内容は、昨年度はコロナ感染拡大防止の為決起大会を見送ったが、すべての加盟団体と西武新宿線沿線の町会・自治会から賛同を受けた決議文を期成同盟会長、区議会議長、区長が代表して赤羽国土交通大臣に手渡したほか、東京都、西武鉄道㈱に要望書を送付した由。ほかには「連続立体交差事業と沿線まちづくりの進捗状況のお知らせ」、「野方駅周辺地区整備方針(素案)」が掲載されている。尚、新井薬師前駅周辺まちづくり関係では補助220号線の内、西武新宿線鉄道交差部の用地取得を進めている件と、令和28月に権利者主体の「新井薬師前駅地区開発協議会」が設立された旨記載されている由。尚、本件資料は回覧ではなく掲示するので承知願いたい由。

「令和2年度日赤活動資金募集および各種募金活動のご協力のお礼」について

中野区募金委員会より新型コロナ感染拡大の状況下のなか、緑の募金97%、赤十字活動募金95%、青い羽根共同募金97%、赤い羽根共同募金85%とほぼ目標を達成できたことに感謝申し上げる由。令和3年度の各種募金の協力要請は4月以降にお願いする由。

税広報の掲示依頼について

中野区からの住民税(期限630日)、軽自動車税(期限531日)の納付のお願いと中野都税事務所からの自動車税(期限531日)と固定資産税・都市計画税第1期分(期限630日)の納税のお知らせを47日までに区民活動センター経由にてお届けするので掲示板への掲示よろしくとの由。

・中野区聖火ランナーボランティアの募集について

中野区では、区内のオリンピックの聖火リレーが従前の計画通り717日(土)、パラリンピックの聖火リレーが830日(金)、中野四季の森公園をスタート、山手通り(中野氷川神社前)まで実施される。その際の沿道の走行管理、観客・雑踏の整理、資器材の設置・撤去等のボランティアをオリンピック580人、パラリンピック260人募集しており、220日号の区報、ホームページでPRしているが、現時点で約半数の応募にとどまっているので、326日までの募集期間に応募をお願いしたい由。

・中野区基本計画(素案)及び中野区区有施設整備計画(素案)の区民意見の募集について

中野区では令和3年度から令和7年度までの5年間、区が取り組む基本的な方向性を示す基本計画(素案)と区が所有する施設に係る再編、整備、利活用等の計画及び更新・保全等の方針を計画期間10年単位でまとめた「中野区区有施設整備計画(素案)」を作成した。区議会での承認後3月下旬以降に、区のホームページ、各区民活動センターで公表し、4月に区民意見交換会を開催し、区民の意見を募集する由。又、詳細が決定した段階で区報を通じて周知していく由。

・町会・自治会加入促進リーフレットの発行について

中野区役所地域自治推進係と町会連合会では、「まちの仲間いつでも募集中」の標記目的のリーフレットを作成し、各町会・自治会宛てに100部送付するので活用願いたい由。

・令和3年度中野区町会連合会の行事予定について

昨年書面議決をした総会は、新年度は614日(月)にサンプラザを利用して開催する予定。又、昨年中止した宿泊研修会は、開催する場合は1028日(木)、29日(金)を予定。但し、近年参加町会・自治会が減少傾向にあることより、宿泊研修のあり方に付、町会長、自治会長に事前アンケートを実施する予定の由。

・令和3年度の中野Loversウォークについて

34日に開催された「地域活性化推進委員会」に於いて、本年度も開催する事を決定した由。

・中野区の新型コロナウイルス対応ワクチン接種の情報について

北部すこやか福祉センター杉本所長より、現時点の情報として、中野区民へのワクチン接種は高齢者の接種が6月に始まり、区民全般の希望者接種の完了予定は9月末の旨お話がった。その後の最新情報では、75歳以上の高齢者に対し415日接種券配送、428日以降中野区医師会館で接種開始、65歳以上の高齢者に対し5月中旬接種券配送、接種開始。一般の方は基礎疾患のある方を優先し、6月中旬以降接種券配送、6月下旬から接種開始、接種場所は中野区医師会館でスタート、5月中旬以降は医療機関で個別接種が可能、6月上旬以降、15ヶ所の区民活動センターで3ヶ所ごとに日程を調整して集団接種が可能になる由。一般医療機関の接種に関しては、現在146の医療機関より協力申し出がある由。尚、先日のインフルエンザの高齢者予防接種者は65%で有った由。

江古田区民活動センターの新年度の予定と第3回フォトコンテストの審査結果

緊急事態宣言延長により、中野区り集会室使用禁止の指示があったことから、予定していた健康体操、シニアヨガ、フラダンス、アクティブ体操、童謡講習会を中止していたが、321日解除されたので、コロナ感染防止を徹底した上で開催している由。加えてボッチャ講座を410日(土)に開催し、以後毎月第2土曜日に開催する由。シトラスリボンプロジェクトでは医療機関や商店、町会・自治会等へポスターの配布を行うと共にシトラスリボンの作り方ワークショップを実施する由。令和3年度の地区まつりは1016日(土)、17日(日)を予定し、コロナ等の感染状況を踏まえながら準備する由。尚、第3回フォトコンテストについては312日に審査を行った。今回は大人26名、子ども4名の応募があり、山下審査委員長の講評では、レベルは非常に高い写真が多かった由。最優秀賞始め町会長賞を決定。表彰式は行わず、参加者に結果連絡をする由。尚、投稿された写真は、受賞写真を含め区民活動センター1階ギャラリーに413日(火)迄掲示する由。

3、       街頭消火器ウォークラリー&輪投げ大会中止について  町会長

新型コロナ感染防止の為、恒例の新年もちつき大会の中止を決定し、新たに福祉行事として、標記の「街頭消火器ウォークラリー&輪投げ」大会を企画したが17日の緊急事態宣言により延期。2ケ月後の37日には宣言解除できると考え、314日(日)開催で広報したが、東京都の感染状況が期待したほど改善できず、2週間の再延長に成ったことより、今回はやむなく中止を決断した由。

4、       小学校 新入生・新2年生入学・進級お祝いのご案内  梅原子ども会会長

松が丘片山町会子ども会では、例年新入生に折りたたみ傘をお祝いとして差し上げてきたが、昨年はコロナ感染防止のための緊急事態宣言発令中の為、お祝いを中止させて頂いた。本年は、新入生・新2年生にお祝いを差し上げるので、対象の方は子ども会役員や回覧・掲示資料に記載されたURLQRコードから420日までに申し込んで欲しい由。

5、       総会の開催について  町会長

昨年はコロナ感染防止のための緊急事態宣言のため、町会員への書類送付により、総会の決議を実施したが、本年はコロナ感染防止対策に十分配慮して、町会会則第13条の定期総会を425日(日)1400分より片山会館で開催するので、役員会メンバー及び町会員で参加希望者は参集願いたい由。

6、       活動実績(最終前)、活動計画(案)と予算案(案)について  町会長

町会長より活動実績、決算(最終前)、活動計画(案)、予算案(案)に付資料を配布、ポイントに付説明、役員会の了解を求めた。了承された案をその後の政府のコロナ感染状況により対応の必要があれば調整し、43日実施の会計監査終了後の資料を4月度の役員会に提案し、425日の総会資料として配布するので了承願いたい由。

7、       2021年度行事日程(案)について  興梠副会長

新型コロナ感染状況により、計画通りの実施が困難になる懸念はあるが、主な行事として「防災訓練」66()、「盆踊り大会」730日(金)~731日(土)、「カレー大会」829()、「町会日帰り旅行」1016日(土)、「福祉餅つき大会」110(祭日)、「町会新年会」130()を予定している由。

8、       2021年度「役員顔合わせ会」のお知らせについて  町会長

本件、総会終了後、新体制でのスタートとなるので、部長さん、班長さんにお願いする仕事の内容の説明を兼ねて役員の皆さんの顔合わせ会を59日(日)に開催する。今回は、コロナ感染防止に十分配慮するため3部に分け、第1部は1部から4部までを930分~1030分まで、第2部は5部から8部までを11時~12時まで、第3部は9部~11部までを1330分~1430分まで行うので、参加願いたい由。

9、     2021年度防災訓練実施について  町会長

昨年はコロナ禍のなか、例年の中野区、野方消防署江古田出張所の応援を見送り、「広報紙防災特別号」の全戸配布を実施した。本年もコロナ感染危惧があるが、災害は何時発生するかわからないので、災害に備え防災訓練を開催したい由。案としては、防災訓練開催予定日の66日(日)に昨年福祉行事として計画した街頭消火器ウォークラリ―を実施することにより、消火器の配置場所を理解いただくことを中心に、北野神社境内を活用して、境内に隣接する「地域防災資材倉庫」に格納されている資器材を認識してもらうことなどが上がっている。今後実施内容を執行部で詰めて、決まり次第広報するので、当日の参加、協力をよろしくお願いしたい由。

10、   その他

イ)  春の交通安全運動について

標記の件、本年も46()15()まで世界一の交通安全都市TOKYOを目指して開催する由。運動の重点は、①子どもと高齢者をはじめとする歩行者の安全の確保 ②自転車の安全利用の推進 ③歩行者等の保護を始めとする安全運転意識の向上 ④二輪車の交通事故防止の由。尚、毎回実施している地域住民有志による、片山橋下にテントを設置しての交通安全協力は新型コロナ感染対策もあり中止の由

ロ)  近隣の小学校、中学校の卒業式、入学式について

本年度は卒業式、入学式とも規模を縮小して開催し、町会からの参加は無い由。

 

今後の予定

 *4月度の役員会 420日(火)1930分 片山会館

  *定例総会 4月25日(日) 1400分  片山会館        

  *新部長・班長顔合わせ会 5月9日(日)  ①1部~4部 930分~

                        ②5部~8部 11時~

                        ③9部~11部 1330分~

                 いずれも片山会館にて開催

  *5月度の役員会 525日(火) 1930分 片山会館

以上

 

松が丘片山町会会長  山田 晃記

2021.02.23

片山町会執行部会議事録(令和3年2月22日分)

 

緊急事態宣言下のため、定例の2月度役員会は中止とし、執行部会議事録に代替させていただく。

    片山町会執行部会議事録(令和3年2月22日分)

Ⅰ、日時 令和3年2月22日(月) 19時30分~21時45分

Ⅱ、場所 片山会館

Ⅲ、議事・議題並びに討議内容

山田町会長並びに担当役員より、下記提案議題に付、説明並びに意見交換がなされた。

1、    町会長からの連絡事項(中野区等からの連絡資料から

・春の火災予防運動の実施について

本年も31日(月)~7日(日)まで春の火災運動を実施する。野方署管内の火災件数は202046件で前年より4件減、内、住宅火災が27件だが東京消防庁管内との比較では住宅火災が多い由。主な出火原因は第1位ガスこんろ、第2位たばこ、第3位電気火災で、従前に対して、家で調理する機会が増えたことが原因として考えられる由。従って、コンロ使用の際はそばを離れないこと。周囲に可燃物を置かないよう注意願いたい由。また住宅用火災警報器の点検を実施して欲しい由。

「犬・猫の適正飼育啓発に関するポスター」の掲示板への掲示依頼

ペットブームの一方、狂犬病予防注射の未接種、飼い主のいない猫への無責任な餌やり等課題もあるので、区では動物の愛護と適正飼育に対する理解を深めていただくため、のポスターを作成したので、掲示をお願いしたい由。尚、区では飼い主のいない猫への餌やりに関する相談、猫の不妊治療に関する区の助成制度も活用願いたい由。

・「なかのおコもりかわら版」(介護予防ニュース)」の掲示依頼について

中野区ではコロナ禍でのオンライン利用の需要が増加している一方オンラインでの詐欺被害も発生していることから、ネットワークセキュリティなどに関するシニア向けの情報セキュリティ講習会を39日(火)1012時に開催する由。区役所9階会場並びに自宅でのZOOMによる受講ができるので、概ね65歳以上の希望者は222日以降介護予防推進係電話0332288949に申込んで欲しい由。尚、ZOOMで受講される方には38日区役所でZOOM体験会も開催する由。

・「新型コロナウイルス感染拡大防止普及啓発事業助成金」の募集について

東京都では令和21223日、標記の事業を実施する旨、各単一町会・自治会宛てに助成金募集要項が送付された。事業の内容は、①都が作成した感染予防対策のチラシと啓発シールの各戸配布と予防対策の町会・自治会内への周知 ②除菌シートや除菌スプレー等の啓発品の購入と①との同時配布 ③町会・自治会が啓発防止対策を実施しながら活動するための物品の購入で、3月末までに実施完了する事業に30万円を助成する由。

当町会では111日に行事を予定していたこともあり、第1回の締め切りである16日までに申請する準備に入り、除菌シート、サーモグラフィーを注文、松が丘地区にお住いの全戸約3,000戸にシルバーセンターを活用して配布を実行し、210日前後に配布完了した。

本件東京都では約9,000町会の内、約1,300町会が申請済み。中野区では105町会の内、約半数が申請済みの由。

・地域活性化推進事業「中野Loversウオーク」について

ウォークラリー参加者からの応募総数は2328件、内1213()開催のファイナルイベントへの参加希望者は1053人居られたが、コロナ禍感染リスクを避けるため、抽選で70130名、役員、招待者含めて約200名の皆さんの参加で開催した由。一方インスタフォトコンテストは応募111点(前回120点)と数は横ばいであったが応募者は56名(前回28名)と倍増した由。尚、新年度の地域活性化推進事業の方向性については地域活性化推進委員会で今後検討していく由。

・日赤からの報告 *令和2年度赤十字活動資金募集結果報告について

今年度は新型コロナ感染注意の中での募金活動の為、期間を限定せず実施した結果114日時点で19百万円のほぼ前年度並みの募金が集まった由。

江古田区民活動センター運営委員会からの報告の件

新年度の事務局員については、昨年12月に事務局員と面談した結果藤田事務局長は継続、斉藤事務局員はルールにより3月末退任される為、12月に事務局員採用面接を実施し、江古田2丁目にお住いの岩浪真紀さんが採用された由。

・シトラスリボンプロジェクトの賛同と協力のお願い

江古田区民活動センター運営委員会では、新型コロナ感染拡大が止まらない中、感染された方々や支えてくださる医療従事者等の方々に偏見や差別のない優しい地域にしていきたいと願い、愛媛県の有志が初めて、全国に広がりつつある「シトラスリボンプロジェクト」に賛同し、江古田の地域でも「ただいま」「おかえり」「ありがとう」の挨拶が出来る地域を目指して学校の協力も得て進めていくので、町会、自治会もぜひ協力して欲しい由。                                                   

2、 新型コロナワクチンの接種スケジュール情報の件  町会長

中野区では東京都からの情報提供を受けながら集団接種会場等の準備を進めており212日に区のホームページに検討状況が掲載された。又、20日発行の中野区報にもその内容が掲載されているが、今回掲載された内容によると3月に医療従事者向けワクチン接種を開始、3月中旬から高齢者向け接種券配布、3月下旬に予約受付開始、4月上旬から高齢者の接種を開始する由。4月下旬に一般区民への接種券発送、予約受付、接種開始の由。尚、松が丘地区の集団接種会場は現段階では江古田区民活動センターを予定している由。但し221日の政府の話では医療従事者への接種の人数が増えたこともあり、4月上旬の高齢者への接種は遅れる可能性がある由。

3、 地域防災住民組織(防災会)連絡会議の資料報告  町会長

2月予定の標記会議はコロナ感染予防の為中止になり、当日報告する資料が町会長宛て届けられた由。①「令和2年度地域防災住民組織活動助成制度の申請手続きについて」は、226()までに提出願いたい由(当町会についてはこの助成金を使い広報紙「なかの まつがおか 第45号」を防災特集号として10月に発行、全戸配布しすでに手続きを完了)。 ②「令和2年度中野区総合防災訓練及び令和3年度の実施予定について」 2年度はコロナ感染防止のため中止したので令和3年度は昨年予定した沼袋地域と昭和・東中野地域で実施する由。③「中野区防災リーダー事業について」 令和3年度防災リーダー養成講座、既存防災リーダーの避難所開設訓練参加、フオローアップ講座を実施していく由。又防災リーダーの地域連携も図る由。他に初期消火設備配備等の見直しとしてヘルメット5個の更新。リヤカー並びに車椅子のノーパンクタイヤ並びに鉄製から軽量のアルミ製に順次更新していく由。

4、 福祉行事 街頭消火器ウォークラリー&輪投げ大会について  興梠副会長        

本年度はコロナ感染防止の為、恒例の福祉餅つき大会は中止とし、福祉行事「街頭消火器ウォークラリー&輪投げ大会を緊急事態宣言が解除されたタイミングで3月14日(日)に開催する由。会館事務所前の受付に松が丘1丁目にお住いの方10時より、松が丘2丁目にお住いの方は10時30分より来ていただき、受付で裏面にウォークラリーの地図の付いた参加カードを受け取り、指定された9ヶ所の街頭消火器に書かれた文字を完成させ、松が丘北野神社境内に戻り、役員の誘導に従い、手を消毒し、2ケ所に設置された輪投げ会場で、家族単位で9本の輪を投げ、審判が点数を参加カードに記入する。参加者はその結果のカードを会館脇の賞品受け渡し場所に持参し、点数に応じた賞品をお持ち帰りいただく由。尚、賞品は薬用入浴剤、フラワーアロマソープブーケ、ぶるぶるリラックスアニマル、キャンプスポップアップテント等多数準備したので、参加願いたい由。

青年部を含めて、本行事を運営していただく役員は9時に会館神社口に集合願いたい由。

5、 資源回収報奨金の報告について  町会長

令和2年7月~12月までの回収量は76,390㎏(前年同期72,150㎏)前年同期比105,9%となり、中野区からの報奨金458,340(前年432,900円)になった由。尚年間では930千円(前年887千円)となり予算で期待した850千円は上回るものの、予算策定以降に王子斉藤紙業㈱より、古紙の市況が悪いので4月以降2/㎏の支援要請に応じた結果支払金額は260千円になったが、一方古紙回収業者の経営悪化の陳情を受けた中野区が古紙回収業者に10/㎏―古紙卸売業者への販売額の支援を5月以降実施した。幸い当町会が契約した王子斉藤紙業㈱は古紙卸売業者もため、町会より古紙である新聞・雑誌・段ボールを市況価格で買い取って頂くことになり、5月以降概算だが440千円が町会に入金される予定なので、令和2年度の古紙回収による報奨金総額は約1,100千円になる予定の由。従って町会ではこの地区にお住いの方の協力に感謝してお礼のごみ袋の全戸配布を検討する由。

6、 新年度の執行部、地区部長・班長体制の確認  町会長

4月の総会後にスタートする新年度の執行部・活動部役員、地区部長、副部長、班長の名簿を遅くとも325日の役員会で決定する必要があるので、よろしくお願いしたい由。尚、今回の総会は執行部・活動部役員の2年毎の改選期であるが、特段の申し出が無ければ現体制で進める由。尚、町会長、監査役は新体制に付、選考委員会の開催を要請する由。

7、 その他

イ、 野方警察署管内の昨年度地区別犯罪発生状況

令和21231日現在、侵入盗34件(昨年47件)、特殊詐欺45件(昨年56件)、強盗1件(昨年3件)、ひったくり1件(昨年2件)といずれも前年を下回った由。幸い松が丘は特殊詐欺の被害が1件発生した他は被害はなかった。尚、侵入盗は上鷺宮8件、若宮6件、上高田4件、沼袋、丸山、野方が各3件の由。特殊詐欺は上鷺宮10件、若宮8件、白鷺7件、鷺宮4件と西部地区が多い他、江古田、上高田、野方も各4件発生している由。くれぐれも電話に安易に出ない等注意して欲しい由。

ロ、 スリーエス作戦の件

野方警察署より、今年度のスリーエス作戦の進め方に付電話連絡があり、当面、警察官のみの立ち合いで進めるが、立ちあい場所としては小学校の通学路が好ましいので、3月以降、片山橋下の交通整理は止め、哲学堂通りの令和小への信号機のある通学路の交差点で実施する由。

ハ、 妙正寺川・江古田川擁壁補修工事の件

中野区道路整備課では江古田公園に隣接する上記河川の擁壁が崩れかけていることより、令和3年2月中旬より621日頃まで補修工事を㈱飛鳥に発注したので承知願いたい由。尚、工事期間中は擁壁上部の遊歩道を通行止めにする由。

二、 町会回覧物配布の件

会員よりコロナ感染状況が懸念される中での回覧物の配布は極力減らして欲しいとの意見が有ったことより、行政等からの回覧物は掲示物のみにとどめ、回覧内容の要旨は役員会議事録に記載することにし、回覧物は当面の間、議事録と町会主催の行事に絞って実施していくことにした由。

ホ、 令和3年度総会開催日時変更の件

425日の総会は、町会細則にて「日曜日に当たるときは、翌26日に繰り下げ開催する」との原則だが、コロナ感染状況が懸念される中での開催となるため、今回については425日の日曜日の開催とし、開催時間を14時とする事にした由。

 

今後の予定  3月度の役員会    3月25日(木)    19時30分

       4月度の役員会    4月20日(火)    19時30分

      令和3年度 総会    4月25日(日)    14時00分

役員・部長・班長顔合わせ会 5月5日(水・祭) 1部~6部 930分~

                         7部~11部 1100分~

 

松が丘片山町会会長 山田 晃(記) 

2020.12.21

片山町会役員会議事録(令和2年12月20日分)

 

Ⅰ、日時 令和2年12月20日(日) 19時30分~20時15分

Ⅱ、場所 片山会館

Ⅲ、議事・議題並びに討議内容

山田町会長並びに担当役員より、下記提案議題に付、説明並びに意見交換がなされた。

1.    町会長挨拶

新年を前に明日からの歳末防犯パトロール、コロナ禍に注意しながら、実施して、安心・安全の故郷松が丘を締めくくりたいと思いますので、ご協力よろしくお願いする由。

2.    江古田地区町会長会議の報告

詐欺に関する注意喚起の掲示依頼の件

全国信用金庫協会より「信用金庫、金融庁、警察などの職員が、お客様にキャッシュカードや「暗証番号」を封筒に入れて保管をお願いすることはありません」という趣旨で「封筒すり替え詐欺に注意」のチラシを作成したので掲示願いたい由。

・中野税務署等からのお知らせについて

所得税及び復興特別所得税並びに贈与税の申告期限は令和3315日(月)、個人事業者の消費税及び地方消費税の申告期限は令和3331日(水)の由。その際の相談会場は今年度も新宿のルミネゼロ5階に開設するが、スマホ、パソコンから自宅で税務署より{①ID+②パスワード}を発行してもらえば、簡単e-axで申告できるので活用して欲しい由。本件の掲示よろしくとの由。

・「寄付禁止」ポスターの掲示のご協力方について

寄付禁止PR強化月間(冬季)にあたり、区民活動センター経由で各町会、自治会に掲示板数のポスターを送付するので、1月末まで掲示をお願いしたい由。

※以上3件は既に掲示中なので承知願いたい由・・・町会長

中野区災害廃棄物処理計画(素案)について

本計画は環境省の各種指針を踏まえ、東京都災害廃棄物処理計画、並びに中野区地域防災計画との整合性を図りながら策定した由。区の役割は自区内で発生した災害廃棄物について、収集、運搬、仮置き場の運営を実施する。本計画では災害廃棄物に加えて通常生活に置いて排出される一般廃棄物も合わせて対応する由。仮置き場は応急集積場所、並びに一時仮置き場は区が主体、二次仮置き場、資源化物に係る一時保管場所は特別区(=東京23区)が主体で設置する由。これらを踏まえ中野区災害廃棄物処理計画は、中野区における災害廃棄物(がれき、ごみ、し尿等)の処理に係る平常時、初動期、応急対策期、災害復旧・復興期の対応を定めた由。

・「中野区高齢者福祉計画・第8期介護保険事業計画」及び「中野区障害者計画・第6期障害福祉計画・第2期障害児福祉計画」の(素案)について

中野区は、令和35年の期間の高齢者介護保険事業計画を第8期として纏めた由。基本目標は「住み慣れた地域での生活の継続」で、高齢者が可能な限り住み慣れた地域で自立した日常生活を営むことが出来るよう、高齢者の自立支援・重度化防止の取組を確実に推進するための施策を進める由。その為の4つの重点目標は、①総合的な介護予防と生活支援の推進 ②在宅医療と介護の連携 ③認知症対策と虐待防止 ④いつまでも安心して暮らし続けていけるための基盤整備の由。又、中野区は障害者計画についても第6期障害福祉計画並びに第2期障害児福祉計画(素案)を纏めた由。第6期障害福祉計画は障害者総合支援法に基づき、障害の有無によって分け隔てられることなく、すべての人が地域において安心して生活できることを目指し、障害のある人への日常生活及び社会生活に必要な障害福祉サービス、相談支援,地域生活支援事業等のサービス提供方法を定めた由。第2期障害児福祉計画は障害の有無によって分け隔てられることなく、すべての人が地域において安心して生活を送ることが出来ることを目指し、障害児の日常生活及び社会生活に必要な障害児通所支援、障害児相談支援サービス提供方法を定めた由。尚、中野区の障害者等の現状は、①身体障害者手帳所持者が8,185人 ②愛の手帳所持者数が1,515人 ③精神障碍者保健福祉手帳所持者が3,427人居られる由。

・「コロナ禍で障害のある人が困っていること、一人ひとりができること」の講演会開催について

中野区健康福祉部では、東京大学先端科学技術研究センター准教授で医師の熊谷晋一郎先生を講師にお招きし、標記題目の講演を1219日(土)1330分開場で産業振興センター3階大会議室にて開催するので、参加希望者は中野区障害者施策推進係(℡0332288832)に申し込んで欲しい由。先着45名、入場無料の由。

・賞味期限前の災害用備蓄食品の配布について

東京都では、災害時に備えて、非常食を備蓄しているが、令和33月末に賞味期限を迎える炊き出し用アルファ化米五目ご飯があり、必要な団体に配布するので、16日までに申し込んで欲しい由。但し配布条件は3箱以上(1箱あたり50食分セット2袋の100食分がはいっている)、転売不可、期限内に消費して、食品を廃棄しないこと。

「中野Loversウォーク2020」について

12月13日()開催のファイナルイベントにはコロナ禍感染リスクを避けるため2,450名強の応募者の中から抽選で100名とその同伴者1名、役員、来賓を含めて約200名の皆さんの参加で開催された由。

日本赤十字社防災教育事業の再開について

日本赤十字社東京都支部では災害大国を生き抜けるための知識と技術を身に着ける「防災セミナー」を出張形式で実施するので、希望団体等は東京都支部救護課防災業務係(℡0352736744)に、防災セミナー開催申請書に必要事項を記入して開催日の2ケ月前までに申し込んで欲しい由。尚、開催に伴う費用は無料(本件活動用寄付はお願いしたい)の由。尚、セミナープランとしては「防災基礎コース」「地域公助コースA」「地域公助コースB(地域のリーダー育成)」の3コースがある由。

・令和2年度 赤十字活動資金募金実績について

新型コロナ禍感染不安の中での募金活動であったが、会員皆さんのご協力で中野区全体で16百万円、内江古田地区は1,442千円の協力がいただけた由。

3.    1220日(日)大掃除のお礼  町会長

本年は密を避けるため、神社境内の清掃を中心にお願いしたところ、町会役員、氏子会、長寿クラブ、青年部、婦人部、子供会の関係者の皆さん方40名強お集まりいただき、1時間半近くで、境内中心に、会館、神殿の大掃除が実施して頂き、正月を迎える準備ができ、感謝申し上げる由。

4.    歳末パトロールについて  町会長

今年も昨年同様、松が丘片山町会では12月21日(月)~28日(月)20時会館集合、20時30分より町内巡回を行いたいとのこと。例年ご協力いただいている方には事前にお願しているが、事務局の手違いで名簿に漏れた方、新たに協力いただける方はご都合の良い日に会館にお越しいただけると有難いとのこと。一方、今年はコロナ禍の感染不安もあることより、体調、参加に不安のある方は遠慮して頂きたい由。

5.      北野神社年末年始の行事について  町会長

地元の鎮守である北野神社では12月25日(金)午前10時~午後4時まで大払いと御神札頒布を行う。またお焚上げ神事を午後4時過ぎ頃から行い、古いお札の供養を行うのでよろしくとのこと。

*初詣 11日  0

6.    新春福祉行事 街頭消火器ウォークラリー&輪投げ大会について  町会長        

本年度はコロナ禍感染防止の為、恒例の福祉餅つき大会は中止とし、標記の新春福祉行事「街頭消火器ウォークラリー&輪投げ大会」を1月11日(月、成人の日)午前中に開催する由。町会会館正面玄関前の受付に松が丘1丁目にお住いの方は10時より、松が丘2丁目にお住いの方は10時30分より来ていただき、受付で裏面にウォークラリーの地図の付いた参加カードを受け取り、指定された9ヶ所の街頭消火器に書かれた文字を完成させ、松が丘北野神社境内に戻り、役員の誘導に従い、手を消毒し、2ケ所に設置された輪投げ会場で、家族単位で9本の輪を投げ、審判が点数を参加カードに記入する。参加者はその結果のカードを会館縁台の賞品受け渡し場所に持参し、点数に応じた賞品をお持ち帰りいただく由。尚、賞品は0点の場合紅白杵つき餅、19点が薬用入浴剤、1019点フラワーアロマソープブーケ、2029点がぶるぶるリラックスアニマル、30点以上がキャンプスポップアップテントの由。合計170家族分準備した由。

青年部を含めて、本行事を運営していただく役員は9時に会館神社口に集合願いたい由。

7.      町会新年会について  町会長

本年は新型コロナ感染防止の為1月31日(日)1130分より中野サンプラザ13階スカイルームにおいて開催する由。会費は会場費が1,000円程度かかることより3,000円とし、当日会場受付で頂戴する由。賞品多数のビンゴゲーム用カード1枚を差し上げるので楽しんで欲しい由。来賓への招待状などは執行部で手配を開始しており、参加についての問い合わせは興梠副会長にお願いしたい由。

8.    214日(日)開催の人形劇について  子ども会

本年も小さいお子様に楽しんで頂ける演題で、「夢まあるく舎」の人形劇を214()1030分開場、11時開演で町会会館にて新型コロナ感染防止に配慮して開催する由。

9.    文化部行事  文化部長

文化部では「日赤の防災セミナー」を2月6日()14時~1530分に町会会館で。コロナ禍に十分注意を払いながら開催する方向で調整中なのでご承知おき願いたい由。

10.  令和3年度新部長・班長選任準備について  町会長

例年4月の総会後にスタートする新年度の役員の選定に時間を要することより、年明け早々より2年任期の部長さんが交代する部は新部長、その他の部では班長さんの選任準備に入ってほしい由。記載用紙をお配りするので、出来れば2月度の役員会に持参いただきたい。その場合、各部毎に既存のルールに従って選定をお願いしたいが、問題がある場合は各部の担当役員、副会長、町会長に相談して欲しいとのこと。

11.  その他

イ、歳末助け合い運動募金結果報告  民生児童委員

民生児童委員と会計関係役員で役員会までに届けられた標記募金を計算して頂き、社会福祉事務所に郵送していただく。本日会議終了時点で速報の結果では、231,500円でしたが、最終的には289,200になりました。会員の皆様のご協力に感謝申し上げます。

 

今後の予定

*街頭消火器ウオークラリー&輪投げ大会  111日(月・祭)松が丘1丁目1000

松が丘2丁目1030

*新年会  131 () 1130分 中野サンプラザ13階スカイルーム

2月度役員会  2月25日(木) 1930

以上

松が丘片山町会会長  山田 晃(記)

2020.11.26

片山町会役員会議事録(令和2年11月25日分)

Ⅰ、日時 令和2年11月25日(水) 19時30分~20時45分

Ⅱ、場所 松が丘片山会館

Ⅲ、議事・議題並びに討議内容

 山田町会長、担当役員より、下記提案議題に付、説明並びに意見交換がなされた。

1.    町会長挨拶

立冬が過ぎて、新型コロナ禍の第3波が現実になり、今後の町会の年末から新年の行事の開催が危ぶまれますが、政府等からの具体的な指示が無い限り、コロナ感染に十分注意しながら、本日ご連絡する予定を進めたいと考えている由。

2.    町会長からの連絡事項(江古田地区町会長会議の報告等)

・中野通り・新青梅街道桜並木の管理作業に関するお知らせ

東京都第3建設事務所では平成29年度より実施してきた「倒れる危険のある桜」を若木に植え替える事業を進めてきたが、本年度も1月から311日にかけて植え替えを実施するので承知願いたい由。今回実施の植え替えは中野通り26本、新青梅街道12本の合計38本の由。尚、これまでに133本の桜が植え替えられた由。

・令和2年度 歳末助け合い運動協力の依頼について(松が丘片山町会の対応)

中野区社会福祉協議会では本年も「地域福祉の推進」を目的に121日~31日まで募金活動を実施するので各町会等の協力をよろしくとの由。集められた募金は「中野区の支援を必要とする世帯への見舞金」、「重度在宅障害児への見舞金」並びに「区内の地域福祉活動費への助成金等」に配分される由。但し、本年は新型コロナ感染症の影響下での募金活動になる為、マスク着用等感染防止に配慮されて実施願いたい由。当町会では新型コロナ感染下での募金活動であるが、各班が実施されている従来通りの集金方法でお願いしたい。本件、「歳末助け合い運動協力のお願い」文書に合わせ募金袋を本日部長さんに各戸分お配りし、班長さんを通じてお届け願うので町会員のご協力をよろしくとのこと。各町会員有志の皆さんは1216日(水)までに班長宅にポステイング班長は18日(金)までに部長宅にマスク着用で持参、部長は20日(日)の12月度役員会に持参願いたい由。尚、12部~15部までのマンションにお住いの方でご協力いただける方はお近くの役員の山田、山下、城所、松島、興梠、米山、平柳宅に18日(金)までに届けていただきたい由。また、一昨年より募金袋が領収書一体型になっているので、寄付金控除(所得税及び住民税)に領収書を使用される方は「取扱者」の欄に班長または部長のサイン又は捺印を貰って欲しい由。不明な方は町会長、副会長に尋ねて欲しい由。

・中野区和太鼓フェスタについて

中野区では中野和太鼓フェスタ実行委員会と共催で区民文化祭として第1回中野和太鼓フェスタを125()なかのゼロ大ホールにて14時開場、1430分開演で開催するので広報よろしくとの由。尚、プロの和太鼓集団「暁」の他、区内4地区で活躍されている和太鼓グループが参加し、その中の江古田地区の「輝鼓会」は155分から25分まで出演する由、入場無料なので応援よろしくとの由。

・年末年始「ごみ収集・資源回収のお休み」について

中野区清掃事務所より「年末年始の資源・ごみ収集のお休みについて」のチラシを区民活動センター経由で、各町会長宅に届けたので、回覧よろしくとの由。今年度は清掃事務所担当の「燃やすごみ」「陶器・ガラス・金属ごみ」「プラスチック製容器包装」並びに、ごみゼロ推進課担当の「びん・缶・ペットボトル」は1231日(木)~13日(日)お休みする由。尚、当町会では「燃やすごみ」の収集日が松が丘1丁目は1229()2丁目は30日(水)が最終日となり、年初のスタートは15日(火)以降になる由。また、新聞・雑誌・段ボール等の回収については王子斉藤紙業㈱と打ち合わせた結果1230()まで実施していただける由。

・若年性認知症相談窓口の開設と在宅療養講演会の開催のお知らせについて

中野区地域包括ケア推進課では標記若年性認知症相談窓口を設置したので、相談のある方、ご家族でお困りのことがあれば電話0332285785へ平日に相談して欲しい由。また、在宅医療介護連絡部会の企画により、大事な人と「もしもの時の話」のテーマで講演会を121()9時30分開場で中野区役所7階会議室にて先着40名の方を対象に行う由、申込みは地域包括ケア推進課、電話0332285785申込んで欲しい由。

・パパママ東京ぼうさい〈在宅〉出前教室について

東京都では都内の保育園・幼稚園のママ友・パパ友や子育てサークルなど保護者10人以上のグループ対象に標記ぼうさい教室を1114()~令和337()の間オンラインで実施するので、受講希望団体は112()1228()までに本件受託業者で事務局の㈱地域計画連合、電話0359742024に申込んで欲しい由。尚申込みコースは60分と90分の2コースある由。

・日赤関係(令和2年度友愛ホーム奉仕活動江古田地区中止)について

中野友愛ホームの奉仕活動の江古田地区の担当は令和3年2月度に割り当てられていたが、新型コロナ感染懸念もあり、奉仕活動への参加は江古田地区町会長会議に一任するとのことで、打ち合わせの結果、参加を見合わせることに決定した由。

・江古田区民活動センター運営委員会からの報告

*広報紙等に抽入するイラスト問題

1027日に運営委員会会長会議があり、5地区の運営委員会が発行した広報紙に抽入したイラストについて、その著作権を持っているという㈱アートバンクより使用料を請求される事件が発生した由。いずれも無料と思って使用したのに実は有料だった由。地区によっては数万から100万円近い請求が来ており、弁護士を交えて協議しているが、㈱アートバンクは本業を主業務としており、料金表等も提示ししており、支払い拒否は難しいとのこと。今後イラストを抽入の際は無料かどうか十分に精査して行動して欲しい由。                             

3.    欠員になっている町内民生児童委員推薦の件  町会長

民生児童委員の改選は昨年12月より新役員でスタートした。松が丘片山町会では野口委員が定年退職後の後任を推薦できずに来たが、このほど、興梠敬二民生・児童委員の知り合いの方が引き受けてくださることになったので、山田町会長並びに大浦江古田地区民生児童委員会長の面談を終え、1126日(木)に江古田地区民生委員推薦準備会で審査を行った後、事務局より中野区民生委員推薦委員会に推薦していただく由。

4.  令和2年度集団回収意見交換会の報告  町会長

北地区の上記意見交換会が116日(金)に産業振興センターで開催され、中野区から新聞、雑誌、段ボール、衣類(古布)の回収実態についての「資料集」を受けとったので、回覧したので承知願いたい由。尚、衣類等の中には「毛布」「シーツ」「タオル」「背広」等もOKの由。但し雨の日は回収しないので、晴れの日に出してほしい由。また、廃棄焼却ごみ中に入れている古紙もできるだけ資源として活用して欲しいとのこと。尚、雑紙は紙袋に入れて出して欲しいがビニール等の袋でも回収していただける由。またペットボトルは出来るだけつぶして欲しい由。

5.  118()の「落語会等」の報告  文化部長、総務

当日は前座に町会の役員でもある八鍬さんによる、観客と一体になったマジックショーの後、入船亭扇治師匠による落語会を開催した由。演目は「ちりとてちん」と「竹の水仙」のいずれも有名な古典落語を丁寧に演じていただいた由。参加者はコロナ禍の為、入場制限を実施したが、幸い大人24名で、会場の換気も十分に取り入れ密にならずに開催できた由。尚、中野区の若手広報担当グループの「町会ひよこ」の方も見え、中野区のフェイスブックで紹介してくださった由。

6.    松が丘片山町内の消火機点検の結果報告  町会長

118日(日)9時より3班に分かれて町内の消火器点検を実施。点検の結果1ヶ所格納箱が開けられ、消火器のピンが外されている物件、格納箱が開けにくいのが2ヶ所あった他は消火器とも異常はなかった由。尚、今回、参加されたメンバーから自宅近くに設置したい旨申し入れが有ったので、中野区に連絡した由。町会員の皆さんもご近所で消火器設置を希望される場合は町会役員まで申し出て欲しい由。

7.    片山会館、松が丘北野神社境内の大掃除について  町会長

年始を前にして、今年も大掃除を下記の日程で行うが、新型コロナ感染問題もあることより、神社境内の清掃を中心に行い、片山会館の清掃は簡単に済ませる由。いずれにしても、町会役員、青年部、氏子会、長寿クラブ、子ども会の有志の方々の協力をよろしくとのこと。  日時  12月20日(日)  9時集合

8.    歳末防犯パトロールについて  町会長

当町会では、例年町会会員有志が自主的に歳末特別警戒を実施しているが、今年も1221日(月)~28日(月)20時会館集合、2030分より見回りをすることにした。昨年を参考にご協力いただきたい方に日程表とお礼のごみ袋をお配りするので承知願いたい由。また新たにご協力いただける方は当日20時に会館に来ていただけると有難いとのこと。一方 高齢、体調不良、コロナ禍等で歳末パトロールへの協力が心配な方は遠慮なく町会役員に申し出て欲しい由。

9.    新年福祉餅つき大会の中止と代替案について  町会長、興梠副会長

(代替案)街頭消火器ウォークラリ―&輪投げ開催

本年は例年年明けの行事として実施してきた1月11日(月、祭日)予定の福祉餅つき大会は新型コロナ禍感染不安がある為中止する由。執行部で対応を検討した結果、代替案として『街頭消火器ウォークラリー&輪投げ』を111日(月・祭日)に北野神社境内を中心に開催する(雨天中止)。町会員の家族単位で会館前入口の受付で体温測定をし、参加カードと街頭消火器の地図をもらい、町内9ヶ所の消火器格納箱に記載した、文字を解読して、神社境内に戻り、到着順に家族単位で輪投げを行い、得点により賞品を差し上げる行事を開催する由。今後、回覧等で具体的内容をPRするので大勢の参加を期待している由。

10.  町会新年会開催について  町会長

例年1月末の日曜日のお昼に来賓、議員の方・町会役員等関係者をお招きして新年会を片山会館で開催してきたが、今回はコロナ感染対策の為3密を避けることより、片山会館では大幅な人数制限が必要になることより、執行部で検討し、今回はサンプラザ13階のコスモルーム(着席で100名可能)で開催する事にした由。結果会費については料理3,000円、会場費1,000円、飲み物代1,000円の5,000円掛かる為、参加費は1,000円UPの3,000円とするが、本年は議員さんの参加はお断りするので、ぜひ多くの町会員に参加いただきたい由。

11.  その他

(イ)令和小学校開校式の件

本来4月に開催する開校式を見送ったことより、今回1128日(土)10時より開校式を開催する由。当町会では山田町会長が出席する由。

(ロ)北野神社の御神札頒布と大祓い・お焚き上げ神事の件

1225()10時~16時まで御神札頒布を行い、16時頃より大祓い・お焚き上げ神事を行うとのこと。

今後の予定 

* 12月度役員会  12月20日(日)  19時30分

 * 北野神社初詣   1月 1日         0時

 * 街頭消火器ウォークラリー&輪投げ   1月11日(月、成人式) 10時

 * 町会新年会    1月31日(日)サンプラザ13階  11時30分

   1月役員会は新年会に取って代わります。

            以上

松が丘片山町会会長 山田 晃(記)

2020.10.26

片山町会役員会議事録(令和2年10月25日分)

 Ⅰ、日時 令和2年10月25日(日) 19時30分~20時25分

Ⅱ、場所 片山会館

Ⅲ、議事・議題並びに討議内容

 山田町会長並びに担当役員等より、下記提案議題に付、説明・意見交換がなされた。

1、      町会長挨拶

10月も後半になり、新型コロナ禍に大きな影響を受けた今年も残り僅かです。引き続きコロナ禍の感染問題は注意が必要ですが、現在の状態が継続するようであれば、町会としては感染防止に努めながら、スケジュール、活動内容を修正し、参加人数を絞り、年末の大掃除、歳末防犯パトロールも実施して、新年を迎えたいと考えています。尚、新年の恒例の福祉餅つき大会は中止させて頂きますが、コロナ禍に配慮した代替案を検討中なので期待して欲しい由。

2、      江古田地区連合町会長会議の報告等

秋季全国火災予防運動等について

4月に新たに赴任された上園江古田出張所所長より、秋の火災予防運動が119日(月)~1115日(日)に実施されるので、チラシの掲示をお願いしたい由。尚、昨年度野方署管内の火災は50件発生、内江古田地区は12件と他地区より多い、本年もここまで35件発生、内江古田地区は2件の由。ボヤが多いが、たばこの不始末の原因が多いので、注意願いたい由。また、コロナ禍消毒用のアルコールは40度を超えると気化が始まるので、ストーブの近くに置かないこと。詰め替えの際に注意して欲しい由。尚、3月に実施している防災レスキュ―大会は中止する由。

・「平和のつどい2020」の開催と周知のお願いについて

毎年7月に開催されていた「平和のつどい2020」は本年1122()12時開場、1230分より中野ZERO西館小ホールにて①「折り鶴貸与式」②講演「核兵器をなくすためにあなたができること」講師 川崎 哲(あきら)さん③映画「母べえ」2008年制作の内容で開催する由。

・「高齢者インフルエンザ予防接種の自己負担無料化」について

今冬は、新型コロナ感染症及び季節インフルエンザの同時流行による医療機関の混乱及び高齢者の重症化等が懸念されることより、厚生労働省が高齢者のインフルエンザ予防接種の優先摂取を推奨していることを受け、中野区では、例年実施している「高齢者インフルエンザ定期予防接種」を無料化することにしたので、対象者に周知願いたく、広報のチラシを町会に送付するので、掲示をお願いしたい由。尚、無料期間は101日から令和3131日までの由。

・自動通話録音機貸出しのお知らせについて

中野区では、オレオレ詐欺・還付金詐欺などの特殊詐欺やアポ電等の対策に有効な「自動通話録音機」を無料で貸し出しているので、おおむね65歳以上の方がお住いの希望者は、危機管理課・生活交通安全係(0332288736)まで申込んで欲しい由。先着順で在庫が1,500台程度ある由。

中野区基本構想改訂検討素案について

中野区は、今年1月に作成した「中野区基本構想検討素案」に付、区民からの意見と新型コロナ感染症の影響の視点を加えて、改訂検討素案を作成したので、再度区民意見交換会等を実施する(江古田区民活動センターでは1029日(木)19時から開催)他、電子メール、FAX、郵送で112日(月)まで意見募集する由。今後のスケジュールは12月に検討案に関するパブリック・コメント手続きを実施、令和31月~3月にかけて改定案作成、6月に改定案の報告、8月に策定される由。尚、改訂検討素案の内容は区のホームページ、区民活動センター等で閲覧できる由。

・新しい生活様式の中での地域活動推進の取組「地域活動応援窓口」について

中野区では「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」を作成、町会・自治会の活動の再開を支援するため、区としても伴走型の支援を進める由。具体的には予約制で地域支え合い推進部地域活動推進課に相談窓口を令和210月に設置したので利用して欲しい由。窓口における主な支援内容は①活動再開や新たな活動の立ち上げに向けた情報提供や助言②「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」の説明③新しい生活様式を取り入れた活動事例等の情報提供の由。

地域活性化事業「中野Loversウオーク2020」について

ウォークラリ―を通じての応募はがきの回収は順調に進んでいる由。応募締切が1031日なので、早めに応募して欲しい由。尚、フォトコンテスト・テーマ「私の好きな“まちかど”パチリ!」は応募者が少ないので、ぜひ応募されたらとのこと。

・江古田区民活動センターからの報告と今後の予定について

     夏休みの作品として、小・中学生に読書ゆうびんを募集したところ、大勢の皆さんから作品が集まったので、小学34年生は101日~14日まで、小学12年生は1015日~28日まで、小学56年生・中学生・一般は1029日~1113日まで、作品を区民活動センター1階ふれあいギャラリ―に展示しているので見学願いたい由。

     フォトコンテスト@Egota 91日(火)~令和3228()まで実施

     ボッチャ教室を新たに1114日(土)20人以下に参加者を絞って開催する由。

3、      令和2年度中野区社会福祉協議会 顕彰者の件  町会長

社会福祉協議会では顕彰規定があり、「地域福祉の向上に努力した者」の区分の中に「団体(町会・自治会)の中で地域福祉活動推進に顕著な功績が有った者」で活動期間20年以上に特別表彰状、15年以上に表彰状、10年以上に感謝状を授与する規定があり、昨年度山下副会長が特別表彰状、興梠副会長が表彰状を授与されたのに引き続き、本年は城所副会長、松島副会長が特別表彰状、米山副会長、平柳副会長が感謝状を授与することが決まり、1111日(水)野方区民ホールにて13時開場・受付の顕彰式で受賞することが決まった由。

4、      避難行動要支援者名簿更新の件  町会長

中野区より避難行動要支援者名簿が更新された旨連絡があり、9月末に山田が北部すこやか福祉センターの三浦係長より受領した。松が丘片山町会の管轄に居られる住民の中で、本名簿に登録されている方は288名居られ、新たに追加された方が36名居られた由。今回名簿に記載されている方を町会の部単位で整理したところ、129名、216名、324名、421名、528名、614名、715名、827名、929名、1020名、1144名、1210名、137名、142名、152名居られた由。今後、町会での見守り活動等推進の際の参考にしてほしい由。尚、10月に入って、中野区より標記の対象者(要介護、要支援、障害のある方に加え、70歳以上でお一人の方、75歳以上のご夫婦)のお宅に4年に一度の名簿登載有無の確認資料が配布されたので、ご承知願いたい由。

5、      落語会の開催について  塚本総務担当・梅原文化部長

118日(日)松が丘片山会館において1330分開場、14時開演で入船亭扇治師匠をお招きして落語会を開催する由。尚、落語の前に町内にお住いのマジシャンによりマジックも行うので期待して欲しい由。但し、新型コロナ禍の感染防止対策を図る為、マスクの着用、記名、消毒、検温を実施し、先着30名に人数制限をするので、了承願いたい由。

6、防災倉庫・消火器点検の実施の件  町会長

防災倉庫は北野神社と松が丘公園の2ケ所、消火器は住宅の建替えにより2ケ所減って78ケ所あり、秋の点検を実施する必要がある。今回防災倉庫の点検は野方消防団第3分団の町会所属の方にお願いし、消火器点検を118()9時から実施し、町内を3グループ(松が丘1丁目は2グループと松が丘2丁目)に分けて3名体制でコロナ禍感染に注意して実施したいので、役員・青年部・地区部長の皆さんに協力願いたい由。

7、新年会開催場所等の件  町会長

例年1月末の日曜日に片山会館で、来賓、町会関係者40名強と地元ゆかりの議員さんで開催してきたが、コロナ禍感染防止を考えると、片山会館では、相当人数制限が必要になることより、今回サンプラザで開催できないか事前検討した結果、131日(日)1130から、着席で100名可能な13階のスカイルームを仮押さえ出来たので、例年通りのメンバーで開催を進めたい由。但し、会場内での挨拶はご遠慮いただくことから、議員さんの参加はお断りする由。因みに1人当たりの換算で、会場費約1,000円、料理3,000円、飲み物等1,000円、合計5,000円の予算で進めたいので、町会員の参加者の会費を今回に限り3,000円として、残りを町会で負担することで進めたいので、役員会で本件検討いただきたい由。

本件、役員会で異議なく了承された由。参加希望者は事前に興梠副会長あて申し込んで欲しい由。

8、片山橋等区内7橋補修工事の件  町会長

1016日、中野区道路整備係の方と舗装工事を担当する㈱会川組の統括工事部長が見えて、115日(火)から3月下旬まで、中野区内の7橋の橋桁修繕工事を行い、その内の一つに片山橋の橋桁修繕と、橋上の舗装工事を行う旨説明を受けた。片山橋の詳細工事日程は未定だが決まり次第近隣の皆さんに広報する由。橋上の工事期間は2~3日の予定で、その間車の通行が出来なくなるので、その間一方通行の解除は警察に連絡して承認を貰う由。人、自転車の通行は確保する由。尚、当方より、上部舗装の際、水たまりができないよう、舗装して欲しい旨申し入れた由。

9、      その他

      会館玄関前の柱に「振込詐欺に注意」の旗を掲示した件

野方防犯協会から、標記の旗の掲示を頼まれたことより、了解し、1015日に会館玄関左側の柱に掲示したので、承知願いたい由。

      (仮称)中野哲学堂PJ新築工事の件

松が丘2丁目25-4の旧野村邸後に鉄筋コンクリート作り、地上5階建ての共同住宅(40戸)の建設を10月下旬から令和3年11月下旬にかけて建設する旨、㈱藤木工務店課長と、㈱まごころリアルエステートの営業部長が1016日に町会長宅に挨拶に見えた由。敷地面積62454㎡、延べ床面積は1,40050㎡の建物の由。

      青パト防犯パトロール開始の件

防犯部、防災部(兼防火部)の部長による青パトを活用しての町内の防犯パトロールが1022()にスタートし、今後、毎月第2、第4木曜日の15時から1時間程度町内を巡回する由。尚、スタート時の2名では、都合が悪い場合もあるので、応援メンバーが欲しいので、協力いただける方は野方警察署主催の次回の青パト講習会を受けてほしい由。

 

今後の予定について

 11月の執行部会 (拡大は見送り) 11月23日(月・祭) 19時30分

 11月の役員会  11月25日(水)       19時30分

 会館と神社境内の大掃除 予定の126日(日)を1220日(日)に変更 

9時会館集合

 12月の執行部会  12月17日(木)  19時30分

 12月の役員会   12月20日(日)  19時30分

 歳末防犯パトロール12月21日(月)~28日(月)20時会館集合

          *例年の会館内での終了後の懇談会は中止

以上

松が丘片山町会会長   山田 晃 (記)

2020.09.26

片山町会役員会議事録(令和2年9月25日分)

 

Ⅰ、日時 令和2年9月25日(金) 19時30分~21時00分

Ⅱ、場所 片山会館

Ⅲ、議事・議題並びに討議内容

  山田町会長、担当役員より、下記提案議題に付、説明・意見交換がなされた

1、町会長挨拶

ようやく秋らしい気候になってきましたが、新型コロナ禍の第2波は予断許さない状況です。ただ町会の目的の一つが会員相互の親睦を図ることなので、現状程度の感染状況であれば、3密に注意して11月には恒例の落語会、新年に入ってからは、感染対策を考慮した中で新年もちつき大会、新年会を実施できればと考えている由。

2、町会長からの連絡事項 /町連江古田地区町会長会議の報告等

・町連地域活性化事業「中野Loversウオーク2020」について

本年度は101日(木)~1031日(土)までの期間ウオークラリ-開催期間とし、この間中野区内の町会・自治会の掲示板に4種類の別の文字を与えた掲示物を掲示していただく。因みに松が丘片山町会には掲示板が22ケ所あるので、4種類の別の文字が記載された掲示物が5ヶ所ある。残りの2ケ所にも一応掲示はする。この4文字を応募用紙に記載して申し込むと、正解者の中から、抽選で100名の方に「特製ローストビーフ」が当たる他、100名(同行者1名)が1213日(日)中野ZERO小ホールで1330分より開催する「まちの仲間ファイナルイベント」に参加できる由。町会・自治会に掲示物、申込用紙の付いたパンフレットを50枚届けるので、役員会で配るなど、町内の皆さんにPRよろしくとの由。このパンフレットは区民活動センター、郵便局にもおいてある由。

令和2年度赤い羽根共同募金の実施について

新型コロナウイルス禍の影響で、社会福祉施設におけるウイルス対策、経済活動低迷による貧困問題等様々な問題が顕在化しており、より一層の支援が必要な状況にありますので、本年も101日~1031日まで赤い羽根共同募金を実施するので、十分コロナ感染対策を行い協力願いたい由。尚、江古田分団としては例年通り各町会70,000円の協力をお願いしたいので、10月末までに区民活動センターに届けてほしい由。

(役員会として了承)

2020(令和2)年度歳末助け合い運動について

中野区社会福祉協議会では、本年も121日~31日まで「地域活動いきいき募金」として上記運動を行い、町会連合会常任理事会として協賛を了承いただいたので、本年は新型コロナ感染対策に十分配慮された上で実施を町会・自治会・民生児童委員の皆さんに協力をお願いする為、「歳末助け合い運動への協力に関するガイドライン」資料を別

途送付するので、対応よろしくとの由。

・避難所における新型コロナウイルス対策について

中野区では令和2年6月に避難所の密接・密集の回避等を考慮した「避難所における新型コロナ感染防止の対応方針」を策定した由。対応策の内容は①避難所としての体育館の他に校舎の活用と水害時避難所の早期開設。②水害時の避難所は早期に区職員及び施設管理者で運営。③感染防止を踏まえた避難者の受付、居住スペースの区分、感染者発熱者の対応を明確にする。④段ボール間仕切りに加え消毒の実施を考慮し布製の間仕切りを導入する。⑤非接触型体温計、ゴーグル等順次配備する由。

・令和3年度コミュニテイ助成事業申請団体の募集について

宝くじの社会貢献広報事業として毎年継続されているが、925日(金)が申請締め切りの由。中野区では一般コミュニテイ助成を申請した団体は、すべて一般財団法人自治総合センターに推薦するが、前年度からの経緯もあり昨年度までに申請し助成交付されなかった団体を優先とし、新規申請団体は抽選で順位を決定する由。尚、コミュニテイセンター助成については従来通り、中野区で1団体に調整したのち、東京都全体で3団体に調整される由。助成決定の連絡は令和3年4月上旬の由。当町会こども会では4年前より「こども用神輿」の制作に伴う一般コミュニテイ助成を申請しており、本年も申請を行った由。申請の内容は事業費総額3,368,200円、一般財源等充当額868,200円、助成申請額2,500,000円の由。一般財源等充当額には子ども会の積立金に加えて町会員の有志の方の寄進を期待している由。

・「会派懇談会」について

標記の懇談会を本年も831日(月)に開催し、町会連合会より①新型コロナ感染防止の観点からも掲示板での情報伝達の重要性が増していることから掲示板設置に伴う、助成制度の継続と都道、区道への設置の推進②集団回収に伴う町会、自治会への報奨金単価の増額を要請した由。

・江古田区民活動センター特記事項と今後の予定について

江古田区民活動センターでは新型コロナウイルスの終息を願った「折鶴」を地域の皆さんにお願いしたところ12千羽が集まり、1階ギャラリーに江原小3年生が作成した「地域の皆さん、特に医療従事者や福祉施設で活動されている皆さん」への感謝する言葉と合わせて展示した由。829日には酒井区長も見えて、見学していただいた由。今後の予定としては「せいしゅん亭」、「江古田地区まつり」は中止させて頂くが「フオトコンテスト@Egota」は 101日(木)~令和3226()まで実施するので、参加、応募して欲しい由

3、町会コピー機入れ替えの件  町会長

シャープのコピー機をレンタルして7年が過ぎ、今回同機のメンテナンス会社である㈱シャープドキュメント21の営業より、コロナ禍で余剰になったコピー機をレンタルすると月平均1,000円程度安くなるほか、コピーの速さ、立ち上げ時間等改善できるとのことでしたので、関係者で打ち合わせ94日(金)に山田、興梠が立ち会い、コピー機の入れ替えを実施した由。尚、現在は基本料金が償却後の為、1,000/月と非常に安いのですが、今回は4,500/月にUPする他、買い替え費用が35,000円発生しますがモノクロ単価が28/枚から1/枚、カラー単価が15/枚が10/枚になることより、現状の使用枚数で、月1000円程度コストダウンになる由。

4、子ども会行事報告 オンラインラジオ体操、親子工作  子ども会会長

本年はコロナ禍感染防止の為、例年の形式でのラジオ体操、親子工作、カレー大会は実施できず、子ども会役員で検討した結果「オンラインラジオ体操」「材料を配布しての親子工作」を実施した。オンラインラジオ体操は822日・23日の2日間実施し、中学生以下のお子さんが27名、大人が20名ZOOMを介して体操を行い、参加者のお子様には829日に会館で参加賞を配布した由。親子工作は816日に「島草履」の材料を申し出のあった55人の方に配布、完成した「島草履」の写真をメールで送ってもらった由。尚、「島草履」の参加者は中学生以下が31人、大人が24人だった由。

5、      敬老の日 傘寿のお祝い品手渡し報告について  町会長

対象:(満80歳)昭和14916~昭和15915日生の皆さん

申し出のあった12名(昨年7名)の方と昨年申込みを忘れた1名の方に防犯パトロールに参加いただいた方3名を除き、町会長が該当家庭を訪問しお祝いの肩掛けを差し上げた由。尚、該当者でまだ申し出のない方、過去申し出を忘れた方が居られたら山田町会長(℡03-3386-2956)まで連絡をいただきたい由。

6、国勢調査の実施について  町会長

中野区より、令和2101日を期日として第21回(100周年)の国勢調査を実施するので、町会・自治会に協力をお願いする旨連絡を受け、松が丘片山町会では、町内58ヶ所の調査区に調査員を登録した。調査員は93日(木)に開催された調査員説明会に参加し、調査区の事前確認を行い、資料を作成し、914日(月)の週より、担当区を廻り、調査票の配布(ポステイング)を実施中の由。調査票記載内容はインターネットで直接国勢調査調査事務局に回答いただく他、調査票に記入いただき101日~107日までに郵送で送付願いたい由。尚、住民から調査票の回収を依頼された調査員は対応願いたい由(全体の2%程度)。

7、資源回収協力に伴う収支報告  町会長

20201月~6月までの報奨金は471,900円(前年同期454,620円)と前年同期比3,8%増加し、9月中旬に入金されますが、4月から提携業者である王子斉藤紙業㈱に2/㎏協力費をお支払することになり、4月~8月までの回収費請求額残高が147,642円必要です。一方5月より王子斉藤紙業㈱より、町会からの引き取り分の内、布類を除く新聞6円、雑誌3円、段ボール5円の金額を7月以降3ヶ月ごとに支払っていただけることになり、5月から8月分の合計は213,950円(推定値)になり、幸い予算で計上した年間850千円は十分可能になった由。従って町会員の皆さんへのお礼に付別途検討していく由。

8、秋の交通安全運動テント活動、町会日帰り旅行中止について  町会長

秋の交通安全運動は例年通り921()30()まで実施されるが、例年町会等にお願いしていた、テントを張って町会員等が交通安全に協力する活動は中止になった由。野方警察署から届いた交通安全の掲示物等は22ケ所の掲示板に掲載したので承知願いたい由。また7月の役員会でご報告したが、例年秋に実施している町会日帰り旅行も中止した由。

9、「松が丘シニアプラザトイレ改修その他工事」の件

中野区北部すこやか福祉センターでは「松が丘シニアプラザ」のトイレ並びに浴室等の改修工事を101日(木)~212日(金)まで行う旨連絡があった由。従ってその間、シニアプラザで行っていた行事で、松が丘片山会館で行いたい旨、使用者代表から連絡があれば出来る範囲で協力願いたい由。

10、広報紙「なかの まつがおか 第45号」発刊配布の件  広報部

本年はコロナ禍の感染防止の為、6月に開催していた防災訓練が中止になったことも有り、第45号を防災特別号として発刊し、この地域にお住いの約3,000世帯の皆さんへ戸別配布することにした由。まず1面にお子様にも興味を持っていただきたく「命を守る防災クイズ」、2面に「この地域の大規模地震発生時の対応は?」、3面に避難所運営組織、災害時必要な資機材倉庫設置場所と資材一覧、4面~5面を使用して「松が丘エリアの水害ハザードマップ」、6面に「この地域の水害発生時の対応は?」7面に、町会防災会長、中野パシフィック防災会会長、中野区危機管理課、野方消防署江古田出張所所長、野方消防団第3分団長のコメント、8面にコロナ禍に配慮しつつ子ども会が主催したリモート行事の報告を記載した由。

11、入船亭扇治師匠による落語会開催の件  文化部、総務部

118日(日)午後、恒例の落語会を入船亭扇治師匠をお招きして開催する事で準備を進める由。松が丘片山会館を使用し、3密に対応できるように参加人数の制限を設け、マスク着用に加え、最前列の席の皆さんにはフエイスシールドを付けてもらう由。

12防災資機材点検と消火器点検について  町会長

令和2年度防災週間に伴う防災資材倉庫並びに町内に80ケ所弱ある消火器点検について、本年は11月8日(日)9時から実施したいので、地区部長、青年部の皆さんの協力をお願いしたい由。

 

* 次回役員会     10月25日(日) 19時30分         

以上

松が丘片山町会会長  山田 晃(記)

2020.07.26

片山町会役員会議事録(令和2年7月25日分)

 

Ⅰ、日時 令和2年725日(土) 1930分~2045

Ⅱ、場所 片山会館

Ⅲ、議事・議題並びに討議内容

  山田町会長、担当役員より、下記提案議題に付、説明並びに意見交換がなされた。

1、    町会長からの連絡事項(江古田地区連合町会長会議の報告)

・令和2年度国勢調査について

5年に一度実施している国勢調査は総務省より予定通り101日を基準に実施する旨連絡があった由。従って7月下旬に調査員説明会の案内状を送付する由。調査員説明会は824~910日の間に開催時間を30分程度に短縮して、説明会場施設定員の半分以下にで開催する由。尚、新型コロナ感染リスク回避の為、説明会不参加も認める由。調査員業務の実施は914~1020日の間にお願いする。調査票配布の訪問は1回のみで、不在時の再訪問は必要なし。配布時の世帯数の聞き取りは、インターホンで実施いただきたい由。調査票の回収はインターネット及び郵送で実施いただき、調査員の回収は高齢等で止むを得ない場合のみ調査員に回収していただく由。調査書類の提出は区民活動センターに設置する会場にて短時間で実施する由。平均的な世帯数を担当した場合の報酬はマスク等の保健衛生代を含むことにしたので、42,000円程度に引き上げた由。

・シニア向けおしごと説明会(セブンイレブン)の広報について

中野区では今年度もセブン・イレブンでお仕事を希望する方(概ね60歳以上の方)の説明会を930日(水)13時(受付開始1230分)から中野区産業振興センターで開催する由。事前予約制(定員有)なので、参加希望者は中野区産業観光課0332288729に申し込んで欲しい由。

区立公園及びポケットパークの受動喫煙防止対策について

中野区都市基盤部公園緑地課では「区立公園及びポケットパーク」の受動喫煙防止の為、一定規模以上の公園について喫煙場所を設置し、分煙化を図る由。分煙化とする公園は新井薬師公園、中野上高田公園、哲学堂公園、平和の森公園、江古田の森公園の由。栄町公園、白鷺せせらぎ公園は地域合意が得られた場合喫煙場所を設置、その他の区立公園及びポケットパークは禁煙化を徹底する由。

自治体間の広域連携を活用したシェアサイクルの導入について

中野区では区内の公共交通の補完、区民の移動利便性を向上させる手段として、自治体間の広域連携が可能なシェアサイクルの導入を進めることにし、事業者として㈱ドコモ・バイクシェアを選定し、7月下旬以降シェアサイクル事業を開始する由。開始時1ポートに5~10台を目安に置く由。ポート設置場所は公園、区有施設、東中野、中野坂上の地下駐輪場。民間の建物、コンビニ等、区と業者が打ち合わせて決定していく由。

中野区区民公益活動団体向け「新型コロナウイルス感染症対策」ガイドラインについて

中野区では新型コロナ感染拡大防止に注意しながら社会活動を行っていく「新しい生活様式」を基に、区民公益活動団体が事業を実施する際の標記のガイドラインをまとめたので、活用願いたい由。内容は、1、感染症対策の基本(手洗い・消毒・換気が基本)、2、距離を確保した配置、3、手洗い・石鹸・消毒、4、熱中症予防行動、5、名簿兼検温・体調チェック表、6、認知症の方の感染症対策(周囲の方がいつも以上に体調に気を付ける等)に付、記載されている由。

・「犯罪お悩みなんでも相談」の実施について

東京都都民安全推進本部都民安全推進課では万引き等の家族の犯罪等に関して「犯罪お悩み相談」を4月21日~10月31日まで、電話03-6907-0511で受け付けているので、一人で悩みを抱え込まないで、相談して欲しい由。

町会・自治会掲示板設置等助成金の申請状況について

中野区地域自治推進係より、現時点で25団体の交付を決定した由。7月以降も申請可能とのこと。尚、松が丘片山町会は前回の役員会でご承認いただいたが、本件掲示板設置等の助成は今年度申請せず、公益活動推進助成制度並びに加入促進助成制度を活用して掲示板修理・並びに建替え代を合わせて申し込み枠限度一杯申請している由。

・地域活性化事業「中野LOVESウオーク令和2年」について

中野区町会連合会では、本年も地域活性化プロジェクトチームが中心となり、新型コロナ感染拡大防止に努めながら実施できるイベントを下記計画している由。

        ウオークラリー  101~1031日(土)

        インスタフォトコンテスト 期間は上記と同じ、

        ファイナルイベント 開催日は1213日(日)なかのZERO小ホール。

以上について今後地域活性化プロジェクトで具体的内容を検討していく由。         

・江古田区民活動センター運営委員会役員会報告

健康生きがいづくり事業は68日以降、人数制限、2部に分けて開催を始めた由。尚中止していた童謡講習会もマスク着用で7月より開始した由。今後の予定としては、平和のバトンと題し小中学生等でブックリストの作成、推薦内容を記載した図書郵便の実施を夏休み期間に対応して実施。又714日より月末まで1階ギャラリーでの山下圭一写真展「花あかり」、千羽鶴のロビーでの展示を実施する。尚、包括支援センターの紹介を中心にした地域ニュース8月号の発刊、91日から来春226日までは「第3回フォトコンテスト@Egota」を開催する由。

2、    中野区社会福祉協議会 顕彰候補者推薦の件  町会長

中野区社会福祉協議会では、例年地域福祉活動に尽力した方、協議会の発展に協力した方を対象に顕彰を実施しており、本年も別紙基準に該当する方を推薦して欲しい旨要請があった。別紙の町会・自治会の候補者資格は「団体役員または構成員で、長年に亘り顕著な功績があった者、又は退任者」で活動期間が10年以上で感謝状、15年以上で表彰状、20年以上で特別表彰状が授与される由。当町会では櫻井前会長急逝後、10年近くなることより、この間、町会長をサポートした主力メンバーを昨年に引き続き推薦していく由。

3、    令和2年度第1回中野区地域防災住民組織「防災会」連絡会報告  町会長

例年6月に開催される標記会議は開催されず、資料が町会長宅に配布されたので、要旨を報告する。中野区からは、 ①地域防災住民組織活動助成金申請の手引きが配布され、手引きに従い申請内容を精査して令和3年2月26日(金)までに区民活動センターに提出して欲しい由。因みに松が丘片山町会への助成金限度額は対象世帯数2,932世帯で、限度額80,000円の由。今年度は防災訓練が開催できないので、年末までに広報紙を防災会特別号として発刊して申請する由。 ②のぼり旗タイプ防災会旗配備について、今回、松が丘片山町会名前入りの防災旗を受領した由。 ③「中野区防災You Tube」の作成について…防災訓練の実施が困難なことより、7月以降炊き出しバーナー、発電機、間仕切り、ベンチャートイレ、マンホールトイレ等順次操作説明動画をYouTubeに掲載するのでYouTube内にある「中野区公式チャンネル」内の「中野区防災YouTube」から視聴して欲しい由。

4、    中野サンプラザの活用とサンプラザ大使について  町会長

平成22年度6月より各町会長を「中野サンプラザ大使」にお願いし、サンプラザの活用を広めてほしいとの要請が行われている。本年は懇親・説明会は中止されたが、7月末までに、サンプラザの職員から山田名義のサンプラザ大使の名刺が支給される由。中野サンプラザ利用の際、この名刺を手渡すことにより施設を特別価格で利用できる由。1例としてはホテル宿泊料が30%程度安くなる他、レストラン等の飲食代、研修室の室料等が10%割引、宴会・会議の利用料金が5%割引される他、結婚披露宴における飲食料金も10%割引されるうえ、特典がある由。名刺は常時会館に準備しておくので、必要な方は山田(TEL0333862956)か副会長の城所、山下、松島、興梠、米山、平柳に連絡してほしい由。

5、      町会費集約のお礼と2020年度町会加入世帯数の報告   興梠副会長

各部長・班長さんにおかれては、町会費の集約にご協力いただき有難うございました。2020年度の加入世帯数は1,092世帯(前年度1,103世帯)の由。町内の全世帯数約3,014世帯であることより、加入率は40%弱であるので、新規加入促進に努力したいので地区部長さん、班長さんの協力よろしくとのこと。

6、      子ども会行事について  梅原子ども会会長

本年は新型コロナ感染防止対策等で緊急事態宣言が発令され、学校も休校になった為、夏休みが88~31日に短縮された。結果7月のラジオ体操は中止も82223日に9時からZOOMを活用してオンラインで開催し、829日に参加賞配布の由。また816日(日)10時より会館で親子自由工作の材料(島ぞうり)配布、831日までに完成写真とコメントの募集を実施する由。恒例のカレー大会は中止の由。

7、      敬老の日  傘寿のお祝いについて  町会長

対象(満80歳)  昭和14916~昭和15915日生の皆さん

今回、回覧資料をお配りするので、対象者はお名前・住所・生年月日を記載の資料を山田会長宅まで連絡よろしくのこと。尚、お祝い品の配布は913日(日)以降921日(敬老の日)までに町会長がご自宅にお届けする由。

8、      送り付け被害に要注意のお知らせ  町会長

昨今、新型コロナウイルス対策等の名目でマスクや殺菌製品を勝手に送り付けて請求する詐欺被害の報道がありますが、最近、町会役員宅等に、各種さまざまな健康商品やサブリメントを注文しないのに送り付けてくる事態が散見されます。被害にあわない為に、①注文してない商品は受け取らない。特に代引きは注意が必要です。②注文者並びに注文の有無が分からずに開封して、注文してない商品の場合は直ちに送り主の会社に電話し、注文してない旨話し、返品手続きをしてください。発生しているケースでは住所、名前は間違いないのですが、送り先に申込みに記載された年齢を確認すると間違いであることが判明するケースが多いのが今回の特徴です。

9、野方警察署管内の犯罪並びに交通事故等発生状況  町会長

野方署管内の犯罪は特殊詐欺を除いて、前年比減少傾向にあるが、特殊詐欺は平成2952件、平成3050件。令和元年58件発生しており、本年も713日時点29件発生している。幸い、被害額は昨年103百万円発生したが、本年は現時点で約10百万円にとどまっている由。地域では若宮7件、上鷺宮6件、白鷺3件と西側が多いが近隣でも江古田2件、上高田2件、松が丘も1件発生している由。電話に出ない等くれぐれも注意して欲しい由。尚、松が丘では強盗、侵入盗、ひったくりは発生してない由。野方署管内の交通事故による人身事故件数は6月末現在、前年183件に対し178件と横ばい、内、自転車によるものが前年比10件増の88件、四輪が7件減の39件と自転車事故が増えており、交通ルールの厳守と安全確認を怠らないで欲しい由。尚、本年度より東京都では自転車事故に伴う損害賠償に対応できるように、自転車保険への加入が義務化された。罰則はないが、必ず保険に加入して欲しい由。

10、その他

10万円特別定額給付金申請期限が818日(火)までのお知らせ掲示の件

722日(水)に中野区より標記の依頼があった。「申請書が手元にない」「申請したのに入金されてない」「最近引越ししたのでどこに申請すればよいかわからない」「申請についていろいろ相談したい」等の方は中野区給付金コールセンター「電話03-6863-6808」に問い合わせして欲しい由。

9月度役員会   925日(金)  1930分開始  松が丘片山会館

 尚、8月の役員会は休会とします。

 以上

松が丘片山町会会長  山田 晃(記)

2020.06.26

片山町会役員会議事録(令和2年6月25日分)

 

Ⅰ、日時 令和2年6月25日(木) 19時30分~20時45分

Ⅱ、場所 片山会館

Ⅲ、議事・議題並びに討議内容

  山田町会長より、始めに町会費集金並びに振込業務、日赤の活動募金集金に対し部長さん、班長さんにお礼申し上げ、新年度出席役員の自己紹介後、下記提案議題に付、説明並びに意見交換がなされた。

1、町連江古田地区役員会・区民活動センター運営委員会の報告

*北部すこやか福祉センター職員の紹介

所長:杉本健太郎(新任)、小山所長は地域支え合い推進部地域活動推進課長に転出。

アウトリーチ推進担当課長:滝浪亜未(留任)、アウトリーチ推進係長:佐々木哲也(留任)、江古田区民活動センター アウトリーチ推進係長:三浦正貴(新任)

 注:アウトリーチとは福祉分野で「支援が必要であるにもかかわらず、届いていない人に対し、行政や支援機関などが積極的に働きかけ、情報支援を届ける」プロセスのこと。

*西武新宿線(中井駅~野方駅間)連続立体交差事業の事業認可の変更について

事業用地の取得の遅れ(用地取得率*面積ベースで約9割)の為、現行の令和33月末完工予定を6年繰り下げ令和93月末完工に変更する由。

町会連合会常任理事会報告

・法務省リーフレット「生きる力、支える力」掲示依頼について

犯罪や非行をした人の立ち直りを社会の中で見守り、地域の力で支えていく。それが「更生保護」ということを知っていただくリーフレットの掲示をお願いする由。

令和2年度7月は第70回「社会を明るくする運動」の強調月間ですが、新型コロナ感染防止の為、従来型の接触型の広報活動は中止、又は延期するので、理解いただきたい由。

・令和2年度地域における飼い主のいない猫対策支援事業について

支援事業をはじめて7年目になる。昨年は江原町町会はじめ5町会に572千円支給し24匹に手術を実施した由。本年も昨年同様100万円の予算を計上し、一団体20万円を上限として助成する。事業説明会を714日(火)午後7時~、15日(水)午後2時~、中野区保健所1階で開催する由。申請期限は87日(金)の由。

・「集団回収維持対策事業」の実施について

中野区では古紙(新聞・雑誌・段ボール)については平成19年度から行政回収を停止し、町会・自治会等の実践団体が集団回収事業者と契約し、直接古紙を引き取ってもらうリサイクル活動(集団回収)に移行し、中野区は資源の回収量に応じて16円の報奨金を実践団体に支給し、その配分を実践団体と回収事業者で打ち合わせることにした。

今般、新型コロナの影響もあり、世界最大の古紙輸入国であった中国が輸入制限したことも有り、古紙の国内価格が下落し、回収業者より事業の継続が難しい旨、陳情が寄せられた。中野区では本件対応として「集団回収維持対策事業」を実施することを決め、従来の実践団体に支給していた6円/㎏の報奨金とは別に、回収業者に中野区より直接基準価格10円/㎏から市況価格(例:4月の第3週は新聞6円、雑誌2~3円、段ボール4~5円/㎏)を引いた額を事業者からの申請により四半期ごとに区から事業者に直接交付することを決定した由。

・新型コロナ感染拡大防止に伴う、区民活動センター集会室の使用について

     熱のある方、体調の悪い方は、利用を控えてください。適宜、検温あり

     マスク着用(各自準備)、手の消毒、咳エチケット、常に間隔を開ける

     集会室の使用前後に、集会室の消毒 ④換気は30分ごとに5分間

     利用は推奨定員の概ね2分の1  ⑥参加者の全員の氏名を記入

    当面の間、激しい運動、食事、歌、囲碁・将棋等は控えてほしい由

・中野区町会連合会と中野区の協働によるまちづくりパートナーシップ協定について

両者は「まちの仲間との支え合い、ふれあい、安心安全」の実現の為、相互の立場を尊重しながら、地域の様々な課題の解決を図る取組を連携・協働していくことを目的に情報交換及び協議を行うことを記載した協定締結を行うので承知願いたい由。

*中野区赤十字奉仕団江古田分団(6月度)報告

・令和2年度「日赤活動募金」の実施について

本年度は募集期間を年内を目途としてお願いしているが、集金できた団体は区民活動センターまで持参いただきたい由。

・令和2年度中野友愛ホーム奉仕活動について

新型コロナ感染防止の為4月~7月までの奉仕活動は中止したが、今後の予定として江古田地区の割り当ては2月度の火曜日の由。奉仕内容は洗濯した衣類のたたみ、整理。持参する物はユニホーム、エプロン、ワッペン、名札等。緊急等で奉仕できない場合は中野友愛ホーム(0333895515)に電話して欲しい由。

*江古田区民活動センター運営委員会役員会報告

・今年度当面の主要行事の結果と予定

    4~68日まですべての行事を中止。

    69日以降、健康生きがいづくり事業はダンベル体操、童謡講習会を除き、参加人数の制限、2部に分割する等検討して実施。ボッチャ教室は7月以降実施予定。

    江古田の七夕 75日(日)、商店街の七夕飾りは中止、区民活動センター内で実施するかは内容を含めて検討する由。

    平和のバトン 7月タイミングを見て、ロビー内展示やブックリストの作成を実施。

    6月末まで受け付けの千羽鶴を飾る。

    江古田イキイキ生きるための知っとく講座 開催未定

    10月度江古田地区まつりの開催中止

江古田氷川神社の秋の例大祭の開催有無について氏子会で検討の結果、本年度は中止を決定したことより、例年通りの地区まつりは中止する事を決定。

2、地域防災住民組織(松が丘片山町会防災会)の組織について  町会長

総会での役員改選、並びに地区部長さんの交代もあることより、2020年度の防災会組織を見直したので、配布組織表を承知願いたい由。尚、防災住民組織は松が丘地域にお住いの方3,014世帯を対象にする防災組織であることを承知願いたい由。

3、資源回収に伴う王子斉藤紙業㈱との新しい取組について  町会長

前述の中野区の「集団回収維持事業」の実施に関連して、王子斉藤紙業㈱より、5月以降町会から引き取る古紙等の資源に関して、衣類は除き、毎週木曜日に日経新聞に掲載される古紙の問屋買取価格で購入し、代金を町会へ年4回(四半期ごと)支払う旨連絡を受けた由。実は私どもが古紙回収を契約している王子斉藤紙業㈱は問屋で回収業者ではないことより、このような申し出になったと考えられる由。結果、王子斉藤紙業㈱にお支払する協力金を上回るお金を王子斉藤紙業㈱より頂戴することになった由。従って、町会員の皆様には、古紙等を提供いただいたお礼として、年2回、従来通りお礼のごみ袋の配布を実施するので、地区部長さん、班長さんにお手数をおかけしますが協力よろしくとの由。

4、2020年度中野区町会・自治会公益活動推進助成申請の件  町会長

標記の件、中野区からは昨年同様、1世帯180円の助成が受けられる由。松が丘地域には3,014世帯がお住いなので、総額542,500円助成される由。その内、びん・缶回収協力助成金が208,800円、区の広報協力助成金が180,840円引き当てられていることより、町会の行事等への助成枠は152,860円が限度額となる。他に新規会員加入促進助成額が最大50,000円支給される。昨年まではこの助成枠は盆踊りの櫓や提灯等の電気系統の設置費用などで申請してきたが、本年度は盆踊りが中止になったことより、加入促進助成を加え、町内で傷んでいる掲示板の板張替え並びに土台の修繕を行うことで実施したい旨提案し、承認を得た由。

5、春の消火器点検結果について  町会長

非常事態宣言が解除されたことより、例年より2週間遅れで、春の消火器点検を実施した。役員等11名が集合し、3班に分かれ1時間強で81ヶ所の消火器の内部と箱を点検し、特段の問題はなかった由。皆様の近辺に新たに設置要望があれば、中野区も前向きに対応するので、山田町会長まで連絡願いたい由。

6、北野神社の清掃中止について  町会長

標記の件、例年7月上旬に実施してきたが、本年は新型コロナ感染防止の為多くの行事が中止になった事。また役員、並びに長寿会の有志の方が清掃に努めて下さって、非常に境内がきれいであることより、中止することにした由。

7、子ども会行事について  梅原子ども会会長

新型コロナの影響を受け、小学校の夏休みが88日(土)~31日(月)になったことより、例年7月後半に実施してきたラジオ体操は出来れば8月に実施する等、8月実施の工作、カレー大会 の実施の有無を含めて7月上旬に決定し広報する由。

8、恒例の盆踊り大会中止について  町会長

江古田地区の盆踊りは例年7月中旬の旭公民館、江原町会、江古田1丁目町会、8月上旬の松が丘片山町会の順番で開催してきたが、本年度は新型コロナ感染防止の為いずれの大会も中止が決定したので承知願いたい由。

10月上旬開催の獅子舞で有名な江古田氷川神社の例大祭も中止が決定した由。

9、秋の町会日帰り研修・親睦旅行(今年度中止の件)  企画幹事(興梠)

本件、執行部会で検討した結果、新型コロナの第2波の動向、バス活用も定員を従来の半分の24名程度にする必要があること、町会主催の行事で、新型コロナ感染者が発生した場合のダメージ等役員より、本年度見送りの意見が多数を占めたことより、中止することを決定した由。

10、町会広報紙「まつがおか45号」発刊延期、内容検討の件   興梠副会長

新年度の町会役員の紹介、消火器点検等報告事項はあるが、新たに杉山信裕さんが担当になったので、記載する内容等検討したいので、6月号、9月号の発刊は中止させて頂き、新型コロナの第2波の状況等勘案し、11月以降に発刊させて頂きたい由。

11、その他について

・警視庁交通部長並びに東京都交通安全協会会長連名の感謝状受領の件  町会長

623日野方警察署交通課長が会長宅にこられ、松が丘片山町会宛の標記の連名感謝状を受領した由。本件は永年に亘り、春・秋の交通安全週間に町会員の多くの皆様が協力していただいた結果頂けた感謝状であるので、町会員皆様へ感謝申し上げる由。

片山会館集会室使用ルールについて(当分の間)  町会長

集会室使用責任者を明確にし、決められたルールに従い使用して頂き、使用によって町会が責任を負うことの無いことを記載した書類を作成したので承知願いたい由。

令和2年度年間行事予定表修正の件  興梠副会長

新型コロナ感染防止の為、本年度の集客を必要とする事業の開催が不可能になったことより、年初計画の行事予定を大幅に修正したので、ご承知おき願いたい由。

・令和2年度町会費集金状況  興梠副会長

本日現在、一部の部と班を除き入金が確認できた由。本日各部長さんより集金完了に伴う、必要書類を提出いただき感謝申し上げる由。尚、銀行入金前の部については、銀行入金後、7月役員会にて必要書類を提出、銀行入金後に一部の班や町会員からの集金ができた場合は、直接現金と必要書類を7月役員会にご持参いただきたい由。

・日赤活動募金募集の中間報告について  興梠副会長

各部長さんより、本日269,900円集金できた金額を受領したので、区民活動センターに届ける。尚今後追加の集金が確認出来たら、会計担当またはお近くの役員に届けてほしい由。

 

* 今後の予定  7月役員会    725日(土) 1930分  片山会館

以上

松が丘片山町会会長   山田 晃(記)

2020.04.04

片山町会役員会議事録(令和2年3月25日分)

、日時 令和2年3月25日(水) 19時30分~20時15分

Ⅱ、場所 片山会館

Ⅲ、議事・議題並びに討議内容

山田町会長並びに担当役員より下記議題に付説明、意見交換がなされた。

1、    町会長からの連絡事項(中野区連合町会長会議の報告)

「令和2年度ユニバーサルデザインサポーター養成講座」の実施について

中野区では,全ての人が、それぞれの意欲や能力に応じて社会参加する「全員参加型社会」や街の魅力向上による地域の活性化の実現に向けて、ユニバーサルデザイン推進の取組を行っており、標記サポーター養成講座を下記の通り開催するので周知願いたい由。

  日時:令和2528()13時~1630分、場所:区役所1階、特別集会室

  内容:基礎知識の習得、障害等疑似体験及びグループワーク、募集定員 20

  申込:4月22()までに区のホームページよりダウンロードした受講申込書で区に提出して欲しい由。受講者にはサポーター「認定証」が渡される由。

中野区都市計画マスタープランの改定について

中野区では現行の「都市計画マスタープラン」が改訂から10年経過し、「社会情勢の変化」「東京都の上位計画の変更」「区内における各町づくりや都市基盤の整備状況」並びに改訂を予定している「中野区基本構想」との整合性を確保するため、標記改訂作業を進めている由。令和2年度に改訂素案を決定し、地域説明会を行い、令和3年に都市計画マスタープラン改定案の策定、パブリック・コメント、改訂、冊子の発行を行う由。

公園遊具の安全確保に係る緊急対策事業の遊具決定について

中野区都市基盤部公園緑地課では標記の観点から公園遊具の見直しを区民の意見を募集し、見直ししてきたが、みずの塔公園のブランコは基礎被覆工事を終え、江古田公園の複合遊具と松が丘公園の雲梯は撤去し、江古田公園は新たな複合遊具、松が丘公園は滑り台を設置することを決定し、令和24~10月までの間に工事を行う由。こぐま公園の滑り台、ブランコは令和2年度中に長寿命化工事を実施する由。

・中野区すこやか福祉センター等平日窓口開設時間の変更について

4月1日以降平日の窓口開設時間を現在の830~19時を830~17時に変更するので周知願いたい由。

・令和2年度江古田地区町会連合会役員分担について

本年は役員の任期が2年の為昨年同様の体制で分担して対応する由。

江古田地区町連会長       江古田1丁目町会 松井俊一

江古田地区町連副会長      江原町会     堀野直一

江古田地区祭り実行委員長     江古田1丁目町会 松井俊一

赤十字奉仕団江古田分団長     旭公民館町会   斉藤金造

区民活動センター運営委員会会長  松が丘片山町会  山田晃

青少年育成江古田地区委員長    江原町町会    鈴木貞二

中野区連合町会女性部 常任理事  江古田1丁目町会 湯沢令子

            同     江原町町会    宮本邦子

江古田区民活動センターの3月、4月の行事と第2回フォトコンテストの審査結果

中野区より集会室を416まで使用禁止の指示があったことより、予定していた健康体操、シニアヨガ、フラダンス、アクテイブ体操、童謡講習会を中止した由。従って第2回フォトコンテストについては313日に審査を行い、最優秀賞始め町会長賞を決定、表彰式は行わず、参加者に結果連絡をする由。尚、投稿された写真は受賞写真を含め区民活動センター1階ギャラリーに3月一杯掲示する由。                                                   

2、    資源回収業者である王子斉藤紙業㈱よりお願いの要請  町会長

32日に突然、標記王子斉藤紙業㈱よりお願いの手紙を受け取りました。内容は、「これまで回収費用は頂かない方針でしたが、ここえきて中国の古紙輸入制限や新聞等購読紙の減少にも拘らず古紙の在庫が増え、古紙価格の下落で経営が厳しいので、41日より3円/㎏(中野区の報奨金の12)を町会で負担して欲しい。毎月月末送付する回収量の明細に合わせて回収費用の請求をさせて頂くので、月末までに支払ってほしい」というものでした。王子斉藤紙業㈱と当町会が契約した経緯は2代前の松丸町会長の時代のようで、すでに10数年経過しており、当初の約束の内容は確認できませんでしたが中野区ごみゼロ担当にお聞きしたところ、当初から業者との折半が一般的であったようです。近隣の江古田1丁目、江原町会が契約している業者の「いわい」は聞くところ12で運営しているとのことでした。

本件に対し、町会長名で、「町会も古着等の収集に努力する。負担金額も見直してほしい。特に中野区から町会への報奨金お支払いは半期末以降なので、入金後の支払いに変更して欲しい」旨申し入れました。

それを受けて王子斉藤紙業㈱杉並営業所の堀川氏より電話があり、「突然の手紙での申し入れについては申し訳なかった。本件は本社からの指示であるが、再考して改めてご連絡したい」とのことでした。

尚、中野区からの報奨金は減少傾向にあるものの、町会としては昨年度も年間87万円の報奨金があり、行事運営の大きな財源であるので、半減の場合はこれまで町会員に行ってきたお礼のごみ袋の配布を中止したい旨、町会長より本役員会に提案したところ、了承された由。

3、    令和元年度防犯カメラの設置完了と補助金の確定について  興梠副会長

標記の件に関し前年、薬師北口商店会と共同で15台の防犯カメラ設置ができ、さらに本年年明けに2台追加設置完了した由。昨年度の設置に伴う、電気代、共架料に付、中野区に補助金の申請を済ましており、電気代と共架料の町会負担は実質無いと考える。尚今回2台設置した防犯カメラ設置費用575千円に対し、中野区より522千円助成が決定したので、今回の設置に関する町会負担は53千円の由。

4、    新井小学校の投票所変更について  町会長

中野区選挙管理委員会事務局より41日以降新井小学校が改修工事に入ることから、従来,新井小学校を投票所としていた第28投票区投票所を「新井薬師児童館」に変更するので、周知願いたい由。尚、該当する皆様には、選挙の際、お送りする入場整理券に「投票所変更のご案内」を同封する由。

5、    国勢調査員の名簿提出について  町会長

本件は令和2101日を期日として第21回(100周年)の国勢調査を実施するので、町会・自治会に協力をお願いする旨、連絡があったことより、執行部役員並びに5年前に調査員をお願いした方などに連絡を取り、調査員候補者を固めることが出来たので、町会では331日までに調査員候補者名簿を中野区に提出する由。従って、お願いした調査員候補者に①案内書②届出書③返信用封筒を届けるので、調査員候補者は必要書類を作成して頂き、420日までに中野区に提出して欲しい由。

6、    広報紙「なかのまつがおか」44号発刊について  興梠副会長

本年度最後の広報誌として、1面、2面に新春恒例の福祉餅つき大会写真を多く入れて、3面前半に町会新年会の様子、3面後半には文化部主催の「中高生と保護者で学ぶ法律教室」と婦人部主催の「フラワーアレンジメント教室」、4面には子ども会主催の「夢まあるく舎の人形劇」と4月以降の行事予定で紙面を作成した由。

 

710の議題については、会議終了後に議事内容が大きく変更となった為、議事録から省略し、付記として変更事項をまとめたので、そちらを参照願いたい。

 

11、  その他

  イ、    春の交通安全運動について

標記の件、本年も46()15()まで世界一の交通安全都市TOKYOを目指して開催する由。運動の重点は、①子どもをはじめとする歩行者の安全の確保 ②高齢運転者等の安全運転の励行 ③自転車の安全利用の推進 ④二輪車の交通事故防止の由。尚、毎回実施している地域住民有志による、テントを設置しての交通安全協力は新型コロナ感染対策もあり中止の由

    ロ、   令和小学校の開校と校歌、通学路について

上高田小、新井小が4月より令和小学校として開校します。その間統合委員会が15回開催され、桜と梅の校章.校旗に加えて、校歌、通学路等決定し、統合委員会ニュースが発行されましたのでご承知おきください。

  ハ、       2020年度スリーエス作戦について

野方警察署と野方交通安全協会では毎月2回地区を分けて交通事故防止のための警察官との合同キャンペーンを実施している。当町会関係は毎月10日前後に実施している。具体的には片山橋下では15時から45分間実施しており、本年は3月は中止、58日、610日、710日、910日、109日、1110日に実施される予定なので、協力いただける方は当日現地集合して欲しい由。

松が丘片山町会広報  興梠与利子(記)

 

付記(役員会終了後に大きく変更となった議事内容)

7、    総会の開催について

本年も町会会則第13条の定期総会を425日(土)1930分より片山会館で開催する旨本役員会で連絡したが、中野区より5月の連休明けまで、集会の中止要請が来たので、総会は中止し、事前に総会資料を回覧し、書面審議による決議にて実施する由。

8、    活動実績、活動計画(案)と予算案(最終前)について

町会長より活動実績、決算、活動計画(案)、予算(案)に付添付資料を配布したが、中野区より前述の集会中止の要請を受け、活動計画案等一部見直し、4月度の役員会は中止にし、監査役監査終了後の資料を総会資料として配布するので了承願いたい由。

9、    2020年度行事予定日程()について

主な行事として「防災訓練」531()は中止、「盆踊り大会」731日(金)~8月1日(土)、「カレー大会」830()、「町会日帰り旅行」1017()、「福祉餅つき大会」111(祭日)、「町会新年会」131()1130分開始、町会対抗レスキュー大会3月7日(日)(予定)とのこと。

10、  2020年度「役員顔合わせ会」のお知らせについて

本件、総会終了後、新体制でのスタートになるので、部長さん、班長さんにお願いする仕事の内容の説明を兼ねて役員の皆さんの顔合わせ会を56日(水、祭)2部に分けて行う予定であったが、中野区の要請を受けて中止する由、新部長の皆さんに顔合わせ会で配布予定の資料を4月末までに届けるので、副部長・班長さんへ配布願いたい由。尚、別途本件のお知らせを届けるので、内容等確認願いたい由。

追加:4月度役員会の中止について

中野区より、5月の連休明けまで集会等は中止して欲しい旨要請があったので、役員会は中止し、別途作成の「定期総会の集会中止と対応」「役員顔合わせ会の中止と対応」並びに回覧物等あれば現部長宅にお届けするので対応願いたい由。

 

今後の予定

 *4月度の役員会 420日(月)は中止。

  *定例総会 4月25日(土)の集会は中止         

  *新部長・班長顔合わせ会 5月6日(水・祭)の集会は中止

  *5月度の役員会 525日(月)は中野区町連の5月度常任理事会の開催有無に基づき別途連絡。

松が丘片山町会会長  山田 晃(記)

2020.02.26

片山町会役員会議事録(令和2年2月25日分)

Ⅰ、日時 令和2年2月25日(火) 19時30分~20時45分

Ⅱ、場所 片山会館

Ⅲ、議事・議題並びに討議内容

山田町会長並びに担当役員より、下記提案議題に付、説明並びに意見交換がなされた。

1、    町会長からの連絡事項(江古田地区町会長会議の報告等)

・春の火災予防運動の実施について

野方消防署江古田出張所田中所長より、31日(日)~7日(土)まで春の火災運動を実施する。野方署管内の火災件数は201950件で前年より1件減、内ボヤが31件の由。但し2名の死者(前年0)が発生した由。主な出火原因はたばこ9件、放火・放火疑い8件、ガステーブル関係6件の由。尚、229日(土)に野方消防署で消防フェスタを開催する予定であったが、コロナウイルス感染の危機管理で中止を決定した由。

・令和2年国勢調査の調査員推薦について

本件は令和2101日を期日として第21回(100周年)の国勢調査を実施するので、町会・自治会に前回同様協力をお願いする由。区全体では、前回より40増の3544調査区を設定した由。A)調査員の業務=①調査員説明会への出席、②調査用品の受領と確認、③調査区内の地図・世帯一覧の作成、④調査票の配布(対象世帯訪問)、⑤未提出世帯への督促(対象世帯訪問)、⑥調査票の回収(全体の2%程度)B)任命期間=8月中旬から10月下旬の約2ケ月、C)配布方式=前回より改善して、インターネット回答用書類と調査票の配布を同時に実施できるようにした由。調査員は秘密の保護に責任を持てる者で、税務、警察、選挙等に直接関係の無い者、暴力団員でないもので候補者を選定し、331日までに調査員候補者名簿を中野区に提出願いたい由。

又、推薦した候補者には後日①案内書②届出書③返信用封筒が届き、調査員候補者からのこれら必要書類の提出期限は420日(月)の由。調査員任命通知等は7月下旬、調査員説明会は8月下旬から9月上旬、調査員業務の開始は9月中旬の由。尚、調査員への謝礼は50世帯程度で39,000円程度の由、従って調査員は届書に振込口座を記載する必要と、縦4㎝*横3㎝の無帽で正面を向いた写真を提出する必要がある由。

本件、当町会の担当地区は47地区であるが、町会としては基本的に5年前の調査員に連絡し、今回も引き受けていただける場合、優先的にお願いすることで進めていくので了解願いたい由。

・台風15号・19号に係る住宅被害対策緊急支援事業について

中野区では標記台風により被害を受けた区内に存する貸家を除く住宅で罹災証明の「床上浸水」「床下浸水」「その他」と判定された住宅に補助金を支給するので、対象者は319日(木)までに都市基盤部住宅課住宅政策係に申し出て欲しい由。尚補助金は補修工事に要した費用の1/230万円の低い額の由。また対象家庭は50戸程度の由。 罹災証明書の発行に関することは地域支え合い推進部庶務係に問い合わせ願いたい由。

・東京2020オリンピック聖火リレーの中野区の取組について

*オリンピックの聖火リレーの中野区走行日は718日(土)四季の森公園をスタート・中野通り‐杉山公園-青梅街道-中野坂上‐山手通りー氷川神社近くの路上がゴール。

*前記の運営ボランティアとして630人(先着順)を313日(金)~417日(金)まで募集するので、応募要件等は健康福祉部スポーツ振興課(32288988)に問い合わせてほしい由。本件は区報35日号、ホームページで確認できる由。

中野区基本構想検討素案に係る意見募集について

基本構想は中野区に住み、中野区で働き、学び、活動するすべての人々に平和で、より豊かな暮らしを実現するための共通目標を概ね10年後を目指して定め、その方針に基づき区政運営を進める、基本指針の由。その素案がまとまったので区民との意見交換の場を設けると共に、区民より意見募集を325日まで行うのでメール、FAX、郵送で意見具申して欲しい由。尚、江古田地区では311日(水)10時~12時まで江古田区民活動センターで区長と一問一答形式で意見交換が出来る由。

・東京都住宅火災に伴う死者急増について

東京都の住宅火災による令和元年度の死者が83人と前年より17人増加し、平成24年以来80人を超えた由。その為東京消防庁は昨年末「住宅火災による死者防止緊急対策本部」を設置した由。これを受け各消防署では広報活動、要配慮者に対する「住まいの防火防災診断)、講習会等実施していくので、承知願いたい由。

・中野区町会連合会 事務局員人事について

東京都町会連合会の会長が急死された為、現在東京都町連副会長の吉成中野区町会連合会会長が代行を務めており、今後東京都町連会長に就任されることより、事務局の体制強化が急務になった由。結果、松が丘にお住いの興梠与利子さんに事務局員として、来ていただくことになった由。

・地域活性化事業「中野Loversウォーク」について

令和元年の第2回の実施結果は前回の1万枚から3万枚に葉書付のパンフレットを配布した効果もあり、応募総数は1,151枚(前回は653枚)と大きく増えた由。又、インスタフォトコンテストは応募120点(前回65点)と数は増えたが応募者は28名(前回34名)で若干減った由。最終イベント「まちの仲間大クイズ大会」には関係者を含め401名(前回304名)が参加した由。新年度も関係者で企画を練り、前回同様のスケジュールで実施していく予定の由。                                                    

2、    地域防災住民組織(防災会)連絡会議の報告  町会長

標記会議が27日、8日開催され、「地域防災住民組織活動助成金制度について」令和元年度の申請の手続き、「令和元年度中野区総合防災訓練の実施結果及び来年度の実施予定について」、「地域の自主訓練・避難所開設運営訓練の実施結果について」「中野区防災リーダー事業」等について説明があった由。尚、スタンドパイプの配備に合わせて今年度江古田地域、沼袋地域、鷺宮地域に設置されている大型消火器は縮小する由。また防災倉庫に配備されている鉄のリヤカーは軽くて丈夫なアルミのリヤカーに順次交換していく由。

3、    町内防犯カメラ設置の報告  町会長

標記の件に関し前年、新井薬師北口商店会と共同で15台の防犯カメラ設置ができ、さらに本年年明けに2台追加設置完了した由。昨年度の設置に伴う、電気代、共架料に付、中野区に補助金の申請を済ませ、防犯カメラ設置に伴う1/12の費用負担以外の費用負担は無い見込みの由。

4、    新年福祉餅つき大会報告  興梠副会長

113日(月・成人の日)に実施。今年は44㎏のもち米を梅原文化部長の指導の下、蒸かし、青年部や町内有志の皆さんと子ども会の協力を得て、搗きたての餅を境内奥で餡子もち、黄粉もち、辛味もち、納豆もちを、中ほどでお汁粉と豚汁を並べて振る舞ったが、天候に恵まれ、暖かったことも有り、488名(昨年468名)と過去最高の人出になった。準備したお汁粉と豚汁は早々と品切れ、お餅も希望者には最後まで振る舞うことができ盛会だった由。尚、予算100千円に対し支出は112千円で若干オーバーした由。尚、子ども用臼での餅つきは中学生有志が中心となって担当、お子さんの待ち時間を減らすために餅を変えずに餅つきを実施し、好評を得られた由。

5、    町会新年会報告  町会長

昨年に続きお昼の1月26日(日)1130分より片山会館にて実施。来賓等15名、町会関係者32名の総勢47名の方が参加された。山田会長の挨拶で始まり北部すこやか福祉センターの滝浪課長、野方消防署江古田出張所田中所長よりご挨拶をいただき、熊澤氏子総代の乾杯の音頭で和気あいあいの新年会を行うことができた由。収入130千円、支出144千円で開催できた由。

6、    文化部行事「中高生と保護者で学ぶ法律教室」の報告  梅原文化部長

22日(日)の午後、講師に沼袋にお住いの行政書士の大橋正明氏をお迎えし標記の講座を開設した。来場を期待した成年前の方はお一人だったが、町会の役員等11名の方が令和44月からの民法改正で成年年齢が18歳に引き下げられることに伴う、消費者トラブルに巻き込まれない為、具体的問題例示でわかりやすい説明がなされ好評だった由。

7、    こども会主催人形劇開催の報告  梅原子ども会会長

子ども会では216日(日)人形劇団「夢まあるく舎」により小学校入学前のお子様を対象に「赤鬼と青鬼のタンゴ」「たぬきのポンポコポ^ン」「ねずみのフーフーとチーチー」の3本の人形劇の公演を行った。今回で7回目の行事であるが、6歳以下のお子様が23名、小学生1名、大人の方が29名と53名の皆さんが集まり、にぎやかな人形劇が開催できた由。但し参加者に町会加入の有無を尋ねたところ半数以上が未加入とのことで、加入拡大に向けて要検討が必要な由。

8、    婦人部行事「フラワーアレンジメント教室」の報告  平柳副会長

婦人部では、221日(金)片山会館で14時から丹澤先生による「フラワーアレンジメント教室」を開催した。平日の開催で集客が心配だったが、役員を除いて20名の方が参加し、春らしいミモザの花でリースを完成し皆さん自宅に持ち帰られ好評だった由。

9、    資源回収報奨金の報告とお礼のごみ袋配布の協力について  町会長

令和元年7月~12月までの回収量は72,150㎏(前年同期76,490㎏/前々年同期81,030㎏)前年同期比943%となり、報奨金432,900円(前年458,940円/前々年同期486,180円)になった由。尚、年間では887千円(前年943千円/28年実績971千円)と予算で期待した950千円どころか900千円も達成出来なかった由。尚、今回もお礼のごみ袋を配布する為手配中であるが、少々遅れ気味である。入荷次第部長さん宅に届けるので、部内の配布をよろしくとの由。

10、  その他

イ、 野方警察署管内の昨年度地区別犯罪発生状況等

令和2213日現在、侵入盗9件(昨年4件)、特殊詐欺7件(昨年9件)、強盗0件(昨年1件)、ひったくり1件(昨年0件)の由。幸い松が丘はいずれも0件、ただ依然として特殊詐欺の被害が多く、又侵入盗は上鷺宮5件、上高田2件の由。昨年度の野方警察署管内の特殊詐欺は56件(一昨年50件)あり、くれぐれも注意して欲しい由。幸い松が丘は中野、新井と共に0件であった由。一方昨年度の野方署管内の交通人身事故は327件で前年に対し49件増の由。内自転車が157件で前年比36件増,四輪も103件で25件増えている由。幸い死者は警視庁管内で133件あるが野方署管内は0件の由、ただ残念なことに重傷者が30人と前年より15人増えており、自転車での事故に注意して欲しい由。

ロ、春の全国交通安全運動日程とテント活動中止の件

今年は、46日(月)~15日(水)まで開催される予定。

役員会終了後、実施団体より連絡があり、テント活動については中止となった由。

 

今後の予定  3月度の役員会    3月25日(水)    19時30分

       4月度の役員会    4月20日(月)    19時30分

       2020年度 総会     4月25日(圡)   19時30分

役員・部長・班長顔合わせ会 5月6日(水・祭) 1部~6部 930分~

                      7部~11部 1100分~

 

松が丘片山町会広報 興梠与利子(記) 

2019.12.21

片山町会役員会議事録(令和元年12月20日分)

Ⅰ、日時 令和元年12月20日(金) 19時30分~20時40分

Ⅱ、場所 片山会館

Ⅲ、議事・議題並びに討議内容

山田町会長並びに担当役員より、下記提案議題に付、説明並びに意見交換がなされた。

1、 町会長からの連絡事項(江古田地区町会長会議の報告等)

「障害者権利条約」、「障害者が住み易い中野をつくろう」セミナーのお知らせ

令和2130()1330~16時(開場13)中野区産業振興センターにて「知っていますか?障害者権利条約のこと」のテーマで講演がある由。

令和2213()13~16時、中野区産業振興センターにて「障害者が住みやすい中野をつくろうよ!」のテーマでグループホーム開設に向けた取組や制度についてのセミナーを行う由。

・令和2年度国勢調査の調査員推薦について

中野区では1調査区を概ね6090世帯になるように設定した結果3,544調査区となり、前回より40増の由。松が丘片山町会の調査区は48の由。調査員業務は、①調査員説明会への出席 ②自宅に配送される調査用品の受領と確認 ③各世帯への調査票の配布 ④督促状等の配布 ⑤調査票の回収(希望世帯のみ)の由。尚、今回はインターネット回答用書類と紙媒体の調査票の配布を同時に行えるようにした由。今後1・2月の町会長会議で具体的な調査員推薦依頼を行う由。3月末各町会・自治会より調査員候補者名簿の提出。4月頃調査員決定通知。各調査員から届出書・写真の受付。7月に調査員に説明会開催通知。8月下旬調査員説明会開催。914日調査票配布開始の由。

東京2020パラリンピック聖火ランナーの募集のご案内について

東京2020パラリンピック聖火リレーは2020818日~25日に競技開催都市(静岡・千葉・埼玉・東京)で行われ、中野区の走行日程は821()新宿区―中野区―豊島区の順に走行する由。公募期間は1216()2020215()、今後発表される聖火ランナー募集要項を確認して欲しい由。尚、本聖火リレーは「初めて出会う3人」が1チームで200m走行する由。また応募要件は東京都にゆかりの有る方で200841日以前に生まれた方の由。

「中野大好きナカノさん」地域ポスターの作成と掲示のお願いについて

中野区では地域ごとに標記のシティープロモーションポスターを作成しており、江古田地区は、「江古田の森、哲学堂,みずの塔」をバックに「中野大好きナカノさん」のポスターを作成したので、その中から掲示するポスター1点を江古田地区町連役員会で決めて欲しいということで、検討の結果「江古田の森」に決めた由。

令和元年度 新任民生児童委員の委嘱について

中野区の一斉改選に伴う定員は311名、今回121日付で委嘱を受けた民生児童委員は285名で。欠員は26名の由。欠員の内江古田地区は3名で、松が丘片山町会担当は1名欠員なので、早期に欠員を埋めてほしい由。

中野区再犯防止推進計画(素案)について

中野区は、支援を必要とする人を孤立させない見守り、支え合いの地域づくりを進め、誰もが安心してすこやかに暮らせるよう、「中野区再犯防止推進計画」の策定を進めており、計画素案をまとめたので令和2122()19時から区役所9階会議室で意見交換会を開く由。主な取組としては、①就労を支援する取組 ②住居の確保を支援する取組 ③一人一人の特性や状況に応じて支援し、保健医療・福祉サービスを提供する取組 ④薬物依存者の回復を支援する取組 ⑤学校・家庭・地域の連携により子供たちを見守り、指導・支援する取組 ⑥民間協力者を支援する取組⑥理解を促進する取組等の由。本件に関し民生児童委員、町会・自治会等への理解促進の取組も推進する由。

・研修会「安心・安全を魅力とした町会加入」について

中野区町会連合会では、区民が災害への関心が高いことより、防犯、防災の観点から東京都地域生活支援アドバイザー派遣事業者より、他区の事例等を交えた話を聞く研修会を令和2128()14時から中野産業振興センター会議室で開催するので、各町会より1名参加して欲しい由。参加者各町会1名を110日までに同封葉書で連絡して欲しい由。本件、執行部会で興梠副会長に出席をお願いした由。

中野通り・新青梅街道サクラ植え替えについて

東京都では中野通り、新青梅街道の桜並木を将来にわたり守り育てていくために「倒れる危険のある桜」の若木への植え替えを平成29年度より実施しており、今年度も中野通り26本、新青梅街道11本の合計37本を植え替えるので、承知願いたい由。

・江古田区民活動センター1階のギャラリー運営ルールについて

江古田区民活動センター1階ロビー奥をギャラリーとして、個人、団体等希望者に運営ルールに従い貸し出しているが、使用期間を14日程度としている現在のルールに関し使用者から期間延長の希望があったので、運用として、以後の予定が無い場合に限り、7日間程度延長したい旨、事務局より提案があり了承された由。

2、      野方防犯協会支部長会議の報告  町会長

129()月標記会議が開催され、1月から124日までの野方警察署管内の各地域別犯罪発生状況に付説明があり、松が丘地区は侵入盗1(前年3)、ひったくり0(前年00)、強盗1(前年0)特殊詐欺0(前年1)と他地区に対して安全だった由。尚、侵入盗は上高田4、江古田6、沼袋5と周辺が多いので十分注意して欲しい由。特に野方は9と特に多かった由。無鍵錠、「鍵を郵便受けに入れる」等が狙われる由。特殊詐欺は沼袋7、野方7、若宮7、上高田6、江古田5、大和町5、鷺宮5件、と野方署管内全域で多く、ほとんどの町会で発生しており、合計53(前年49)と今年度の抑止目標52件を上回った由。因みに0件は松が丘、新井、中野の3地区のみ。電話に出なければ被害にあわないので、迷惑防止機能付き電話機の設置、留守番電話への設定等で犯人からの電話を受けないよう十分注意して欲しい由。

3、      12月8日(日)大掃除のお礼  町会長

当日は町会役員、氏子会、長寿クラブ、青年部、婦人部、子ども会のお父さん、お母さん、それに子供たちも加わり総勢40(昨年48)で会館、神殿、境内の大掃除をし、正月を迎える準備ができ、感謝申し上げる由。

4、      歳末パトロールについて  町会長

今年も昨年同様、松が丘片山町会では1221日(土)~29日(日)20時集合、2030分より町内巡回を行いたいとのこと。例年ご協力いただいている方には事前にお願しているが、事務局の手違いで名簿に漏れた方、新たに協力いただける方はご都合の良い日に会館にお越しいただけると有難いとのこと。尚、野方警察署の激励訪問が27()20時頃、野方消防署長の激励訪問が同じく27()21時頃にある由。

5、      広報紙「なかのまつがおか」第43号発刊について  広報部

928()29()に開催された2年に1度の北野神社例大祭の記事を1面に、1019日(土)の町会・長寿クラブ共催の「秋の日帰り親睦旅行」を2面に、3面には1029日(日)に開催された東京都都民安全推進本部開催の表彰式に松が丘片山町会が28団体の中に選ばれ感謝状を頂戴したことの報告と113日に白鷺せせらぎ公園で開催された初期消火機器操法大会に於いてスタンドパイプ操法とバケツリレーにおいて、青年部員の活躍で両種目とも優秀賞を受賞した記事、4面には1110()開催の笑福亭羽光二つ目の落語会の記事、写真を掲載した広報紙43号の回覧をお願いしたのでよろしくとのこと。

6、      北野神社年末年始の行事について  町会長

地元の鎮守である壽他の神社では1225日(水)午前10時~午後4時まで大払いと御神札頒布を行う。またお焚上げ神事を午後4時過ぎ頃から行い古いお札の供養を行うのでよろしくとのこと。

*初詣 11日  0時  お神酒がふるまわれます

7、      新年福祉餅つき大会について  町会長

113日(月、成人の日)10より北野神社境内にて福祉餅つき大会を開催するので役員の皆さんは9時までに集合してお手伝いをいただきたいとのこと。昨年に引き続きお土産用の御餅は中止し、境内に来られた方に振る舞う量を増やすことにしたので、受付では、境内会場で振舞われるお餅とお汁粉・豚汁等が無料で食べられる黄色のリボンが付いた腕輪を配布するので承知願いたい由。

8、      町会新年会について  町会長

1月26日(日)1130分より片山会館において開催する由。会費は、前年同様2,000円で、賞品多数のビンゴゲーム用カード1枚を差し上げるので楽しんで欲しい由。昨年より開始時間を18時より11時半に変更したので注意願いたい由。

尚、1月度の役員会は新年会に取って代わる由。来賓への招待状などは執行部で手配を開始しており、参加についての問い合わせは興梠副会長にお願いしたい由。

9、      文化部行事「中・高生法律教室(仮題)」について  梅原文化部長

22日(日)に表題の催しを計画中の由。令和4年41日より民法が改正され、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられることより、民法等法律の責任年齢も引き下げられる。今回は、中・高校生を持つ保護者の方を主な対象に、懸念される問題点に付、専門家に説明してもらう由。中・高校生にもぜひ参加して欲しい由。

10、  216日(日)開催の人形劇について  梅原子ども会会長

本年も「夢まあるく舎」の人形劇を216()1030分開場、11時開演で松が丘片山会館にて開催するので、小さいお子様とその保護者の方は参加して欲しい由。

11、  婦人部行事「フラワーアレンジメント教室」  米山副会長                 

婦人部では221()1330分受付で「フラワーアレンジメント教室」を丹澤栄志先生をお招きして松が丘片山会館で開催する由。春のお花で可愛いらしい花かごが制作できる由。会費500円、1月下旬以降の町会掲示板で先着15名の申込先を告知する由。

12、  令和2年度新部長・班長選任準備について  町会長

例年4月の総会後にスタートする新年度の役員の選定に時間を要することにより、年明け早々より班長さんの(2年任期の部長さんが交代する部は加えて新部長、副部長の)選任準備に入ってほしい由。記載用紙をお配りするので、できるだけ225日の役員会に持参いただきたい。選任が難航する場合などは各部の担当役員、副会長、町会長に相談してほしいとのこと。

13、  その他

*杉並清掃工場等見学会の報告  興梠副会長

中野区清掃事務所が毎年実施している研修会が、今年度は1212()に開催され、町会より、興梠、平柳副会長が参加した由。杉並清掃事務所は環状8号線道路の近くの約36千㎡の敷地に施設を284億円掛けて平成299月に完工した最新鋭の公害防止設備、高効率廃棄物発電設備も備えている由。処理能力600t/日、発電出力24,200kw、周辺地区の環境に十分配慮した施設の由。

 

今後の予定

 *福祉餅つき大会   1月13日(月・祭)1000

 *  新年会     1月26日 ()  1130

  2月度役員会   2月25日(火)  1930

以上

  松が丘片山町会広報  興梠与利子(記)

2019.11.26

片山町会役員会議事録(令和元年11月25日分)

Ⅰ、日時 令和元年11月25日(月) 19時30分~20時50分

Ⅱ、場所 松が丘片山会館

Ⅲ、議事・議題並びに討議内容

 山田町会長、担当役員より、下記提案議題に付、説明並びに意見交換がなされた。

1、    町会長からの連絡事項(江古田地区町会長会議の報告等)

・令和元年度 歳末助け合い運動協力の依頼について(松が丘片山町会の対応)

中野区福祉協議会では本年も「地域福祉の推進」を目的に121日~31日まで募金活動を実施するので各町会等の協力をよろしくとの由。集められた募金は「中野区の支援を必要とする世帯への見舞金」、「重度在宅障害児への見舞金」並びに「区内の地域福祉活動費への助成金等」に配分される由。町会としても成人の日に実施している「福祉餅つき大会」に助成金として70千円受け取っている。本件、「歳末助け合い運動協力のお願い」文書に合わせ募金袋を本日部長さんに各戸分お配りし、班長さんを通じてお届け願うので町会員のご協力をよろしくとのこと。各町会員有志の皆さんは1216日(月)までに班長に、班長は18日(水)までに部長に、部長は20日(金)の12月度役員会に持参願いたい由。尚、12部~15部までのマンションにお住いの方でご協力いただける方はお近くの役員の山田、山下、城所、松島、興梠、米山、平柳宅に18日(水)までに届けていただきたい由。尚、昨年より募金袋が領収書一体型になっているので、寄付金控除(所得税及び住民税)に領収書を使用される方は「取扱者」の署名又は捺印を貰ってほしい由。不明な方は町会長、副会長に尋ねてほしい由。

・中野駅周辺まちづくりについて

区役所とサンプラザの建替え問題が、サンプラザのDNAを継承し新たなシンボル拠点とすることで、多様なイベントに対応できる最大収容人数7,000人(着席の場合5,000人)規模の多目的ホールを建設することに決定したことより、中野駅新北口駅前エリア再整備事業計画(素案)が出来た由。この計画スケジュールによると新区役所の完成が2024年中ごろで2025年春から新区役所で業務開始、2024年から2025年にかけて旧区役所、サンプラザの解体工事開始、多目的ホール等の拠点施設の竣工は2028年(令和10年)末とのこと。合わせて中野駅西側南北通路、駅ビル(地上5階)の建設を進め完成は2027年末の予定の由。中野区ではこの間中野4丁目西エリアの再開発事業も行う由。

(注;2024年~2028年までサンプラザが担ってきた事業は実施できないことになる)

・年末年始「ごみ収集・資源回収のお休み」について

中野区清掃事務所より「年末年始の資源・ごみ収集のお休みについて」の添付のチラシを作成し12月上旬までに各町会長宅に配布するので、回覧よろしくとの由。「びん・缶・ペットボトル」は1229日(日)~13日(金)まで休み、その他の「燃やすごみ・プラスチック製容器包装」は1231日(火)~13日(金)まで休み、「陶器・ガラス・金属ごみ」は1229日(日)~13日(金)まで休む由。尚、各収集場所には清掃事務所にて本チラシを掲示し、お休みの日を周知させるとの由。尚、「燃やすごみ」の収集日が「火曜日、金曜日」の地域は臨時に15日(日)に臨時収集する由。松が丘1丁目は本件対象なので承知願いたい由。『新聞、段ボール衣料等』の集団回収については、町会より各実施団体に問い合わせPRしてほしい由。当町会は1225日(水)が年内最終日、年初のスタートは18日(水)になる由。

・日赤関係(令和元年度中野友愛ホーム奉仕活動)について

中野友愛ホームの奉仕活動の江古田地区の担当は令和21月度に割り当てられているが、4町会の担当日を調整した結果、松が丘片山町会が17日(火)、江原町町会が114日(火)、旭公民館が121日(火)、江古田1丁目町会が128日(火)に決定したので、当日、1330分~15時まで3名の方の派遣をお願いしたい由。

・江古田区民活動センター事務局からの報告等

44回江古田地区まつりには約800名参加。1130()に「まちあるき@Egota 10時より「中野区で一番大きい公園江古田の森公園を知ろう」というテーマで開催予定。 子ども防災を121日(日)14時から江古田区民活動センターで開催する由。 尚、「フォトコンテスト@Egota」の申込み締切は令和2228()だがまだ応募が少ないので、各町会・自治会でPRしてほしい由。

・風水害時における区民活動センターを避難所として開設した件

台風19号の被害は幸い中野区では軽微であったが、区民活動センター15ヶ所では12日(土)10時から職員175名体制で避難者の受け入れを行った由。結果最大収容時320名受け入れた由。本件に関連し、別途江古田区民活動センター関係の対応をお聞きしたところ、1210時に職員4名(小山所長、山根係長、職員2名)が出動し、区民の受け入れ対応に当たり、27名(男8名、女19名)の方が自主避難された由。13日(日)の11時に区からの連絡で対応職員も帰宅した由。27名の内訳は江原町20名、江古田3丁目3名、江古田1丁目1名、上高田3丁目3名の由。避難者の約7割が30代以下でホームページやSNSを見て避難された由。上高田3丁目から来られた3名を含め外国人の方が9名おられた由。

2、    東京都都民安全推進部長感謝状受領の報告

1029日都議会議事堂1階の都民ホールで開催され、町会長以下3名の副会長が同席した。都内では多くの団体が防犯パトロールや見守り等地域の安全、安心のために活動しており、平成28年度より、これら活動を進めている個人や団体に標記感謝状や表彰状を授与している由。今年度団体としては中野区から唯一松が丘片山町会が表彰された由。因みに今回感謝状を受領した団体は都内で28団体の由。

3、     113日初期消火機器操法大会の報告

113日(日)中野区町会連合会が主催する第38回の標記大会が白鷺せせらぎ公園で実施された。当町会からはスタンドパイプ操法とバケツリレー操法に参加。青年部や役員のお子さん(中学生)の参加と若いメンバーで結成することができ、いずれも上位10町会に贈られる優秀賞を受賞した。因みに、同一大会で出場2チームが表彰されたのは山田町会長体制になって初めての快挙である由。

4、     令和元年度集団回収意見交換会の報告  町会長

北地区の上記意見交換会が118日(金)に産業振興センターで開催され、中野区からは新聞、雑誌、段ボールの回収量は平成30年度12,186t(前年12,881t)と年々減少しており、特に新聞の回収量は平成30年度3,850t(前年4,352t)大きく減少した。因みに平成265,869tあったので、この5年間で23になってしまった。雑誌も平成30年度4,389t(前年4,632t)と減少傾向、段ボールのみ平成30年度3,947t(前年3,897t)と横ばいの由。幸い衣類等(古布)は平成30年度436t(平成29年度435tと若干増加傾向にあり、ぜひ衣類等(古布)の回収も進めてほしい由。衣類等の中には「毛布」「シーツ」「タオル」「背広」等もOKの由。尚、従来古布としてきた表示を、上記会議において「衣類等」の名称に変えたほうが良い旨の意見が出た由。

5、    1110()開催の「落語会」等について  梅原文化部長、塚本総務担当

当日は前座に町会の役員でもある八鍬さんより、観客と一体になったマジックショーがあり、引き続き、上方落語会に所属する笑福亭羽光二つ目さんによる落語会を開催した由。演目は狸が助けてもらったお礼にサイコロに化けて八百長の手助けをする「狸賽(たのさい)」と死んでしまったトラの代わりに虎の皮をかぶって檻に入る「動物園」、新作落語「俳優(はいゆう)」をわかりやすくお話ししていただき、合間に粋で愉快な踊り「かっぽれ」も披露していただけた由。参加された大人31名、小学生以下2名の観客を大いに笑わせてくださった由。

6、片山会館、松が丘北野神社境内の大掃除について  町会長

年始を前にして、今年も大掃除を下記の日程で行いたく、回覧をお願いしたので、町会役員、氏子会、長寿クラブ、子ども会の皆さん、有志の方々の協力をよろしくとのこと。  日時  12月8日(日)  9時集合

7、松が丘地区防災マップの作成と東京土建市民講座開催の件  町会長

東京土建の社内組織である「特定非営利活動法人中野住まいの相談室」では中野区内に於いて町会、自治会等と協力して「地域の防災、安全な町づくりを考える」というテーマで地域のマップを作成し、それをベースに市民講座を開催しており、今回、松が丘地区で開催したいので協力して欲しい旨申し出があり、町会としても10月の役員会で協力することに了解を得た。それに基づき1116日(土)に東京土建の社員と町会役員等6名で2時間近く松が丘地区を歩き、特に傾斜地の土止めの安全性、道  路に面したブロック、大谷石等の塀の不安のある場所を確認し、東京土建さんでマップを作成していただくことにし、1211日(水